名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

樹木希林さんの「き」(安達充)

2019/01/04
安達 充
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
安達 充
安達充(あだちみつる)。一人のために曲を贈るシンガーソングライター。 2010年から山下弘司氏に師事し、『名前のことだま®』を音楽を通して普及中。 2016年、日本語50音の1音1音に隠された意味を元に1曲ずつ作詞作曲した 『お名前50音ソングレター®』をリリース。(CDブックとして好評販売中) 名前をテーマとした『世界で一番素敵な言葉』は全国の小中学校で合唱されている。
詳しいプロフィールはこちら

新年あけましておめでとうございます!

今年は5月には改元も予定されていますので、まさに「新しい年の幕開け」という感じがしますね。

先月から始まりましたことだま師®による「リレーブログ」ですが、

今月のお題は

有名人の名前をことだまで紐解く

となりました。

ことだま師®によって、どんな風に名前を紐解くかは個性が出るところなので、どんな鑑定が飛び出すか楽しみです。

それでは、行ってみましょう!

 

【有名人の名前をことだまで紐解く】

さて皆さん、正月といえばどの有名人の方を思い浮かべますか?

私は何と言っても、樹木希林(きききりん)さんです。

昨年9月残念ながらお亡くなりになられましたが、毎年正月に富士フィルムのCMで見ていたのが印象に残っています。

調べてみたところ、1978年~2018年の41年間で、全268作品に出演されていたとのこと。

女優として感動的な作品にも多数出演されていますが、こういうコミカルな役どころもすごくハマってらっしゃいました。

 

樹木希林さんは本名、内田啓子〈うちだ・けいこ)さんとおっしゃいます。

でも、樹木希林さんという芸名を名乗ったことで「き」のことだまが強く働いていた方だと思います。

「き」のことだまのキーワードは「きびしい」

樹木希林さんの人生をみると、きびしいことがたくさん起きていたように思います。

 

1964年に内田裕也さんと結婚するも、1年半で離婚し別居。

2002年には女性CMタレント好感度1位に輝くも、2003年には網膜剥離で左目を失明。

2013年には第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するも、その場で全身がんであることを告白。

普通の人では心が折れてしまうような逆境が続いても、樹木希林さんは決して悲観せず、淡々と生きていきます。

 

こう聴くと、同じ「き」のことだまを持つ人は「えっ!?そんなことだま、嫌だ!」と思われるかもしれませんが、「き」の人の人生に「きびしい」ことが起きることには理由があります。

それが、そのきびしさを乗り越えることによって「人の見本となる」という使命。

普通の人が体験しないような逆境を越えるからこそ、その人の一挙手一投足が人に影響を与えるんですよね。

その使命を発揮されてか、樹木希林さんの言葉には名言が多いです。

いくつかご紹介してみましょう。

 

嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。井戸のポンプでも、動かしていれば、そのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくても、にっこり笑っていると、だんだん嬉しい感情が湧いてくる

 

面白いわよねぇ、世の中って。「老後がどう」「死はどう」って、頭の中でこねくりまわす世界よりもはるかに大きくて。予想外の連続よね。楽しむのではなくて、面白がることよ。楽しむというのは客観的でしょう。中に入って面白がるの。面白がらなきゃ、やってけないもの、この世の中。

 

セリフがあまりない役をずーっとやってきたから、自分で存在感を示していくしかなかった。芝居はそういうものだと思ってきていたから。セリフがたくさんある役をやると、それがとても邪魔するわけ。自分で作っていかないと成り立たない人生を送ってきたから

いやぁ~、沁みますよね。。

ああいう生き方をされた樹木希林さんが言われているからこそ、説得力があるのだと思います。

樹木希林さんの生き方を見本として、逆境の時も笑顔で生きていきたいものです♪

1月に大阪で講座をやります!

▼氏名から使命をひもとく「名前のことだま入門」&
 昨年の出会いから今年の運気を知る「運気発見ワークショップ」
【1/25(金)】13:00~17:00 大阪天満橋
https://resast.jp/events/310079/

明日は、京都の前田大介さんです!

この記事を書いている人 - WRITER -
安達 充
安達充(あだちみつる)。一人のために曲を贈るシンガーソングライター。 2010年から山下弘司氏に師事し、『名前のことだま®』を音楽を通して普及中。 2016年、日本語50音の1音1音に隠された意味を元に1曲ずつ作詞作曲した 『お名前50音ソングレター®』をリリース。(CDブックとして好評販売中) 名前をテーマとした『世界で一番素敵な言葉』は全国の小中学校で合唱されている。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.