名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

「けん」から「けんと」の時代(高山仁美)

2019/01/07
高山仁美
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
高山仁美
高山 仁美です。長野県安曇野市穂高。自然満載の中、家族四人とワンコ1匹で暮らしています。名前のことだま®に出会ってから、ことだまの中に宿っている知恵を日常に活かし、名前から受け取った使命をフル活用して生活しています。自分自身と向き合い本当に生きたい人生を生きるお手伝いをさせていただいています。「名前のことだま®」には心穏やかに暮らすためのヒントが満載。その事をお伝えささていただく事が私の喜びでもあります。現在の主な活動としては個人鑑定や教室、講座の講師。その他では、あづみ野FMのおひさまサークル第一金曜日のレギュラーとして「高山仁美の名前のことだま®」というコーナーを担当させて頂いたり、学校でのPTA講演会でお話をさせて頂いたりしています。世の中の人たちがより豊かな自分と出会い、より豊かな人生創造のお手伝いをさせていただいてます。
詳しいプロフィールはこちら

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月6日日曜日のリレーブログ担当は

信州の「ひ」のことだま師 高山仁美です。

1月のリレーブログのお題は

「有名人の名前をことだまで紐解く」

正直、困りました。

有名人。って。

芸能人?歴史上の人物。。。。

 

困っていると。

娘が歌を歌っていました。

「ツッパル事が男のたった一つの勲章だってこの胸に信じて生きてきた~♪」

現代の子供からすれば新しい「男の勲章」

私からすれば懐かしい「男の勲章」(懐かしいが元ヤンではございません)

昨年末、話題のドラマ「今日から俺は」の 賀来賢人さん。

個性派の俳優さんですよね。

その「けんと」

実は

賀来賢人

山崎賢人

永山絢斗

林遣都

中島健人

私が知っているだけで最近の俳優やアイドルの「けんと」率の高いこと。ちょっと驚きました。

 

そして、今から30年から50年ほど前にデビューしてブレイクした個性派俳優

高倉健

宇津井健

緒方拳

松平健

渡辺謙

もっとも~っと前には上原謙

など、けんさんが活躍していました。

もちろん、現在ご活躍の俳優さんもいらっしゃいます。

時代は「けん」から「けんと」に流れているのだと感じました。

今回は「と」が付くか付かないか。

そこに感じる時代の流れを紐解いていきたいと思います。

 

「と」は漢字で表すと「土、十」の意味があります。

今年は平成がら新しい元号に変わり、来年は東京オリンピック。

なんか、凄い年ですね。そのための準備が始まっっているように思います。

「土」土地の大切さを教える。それは日本の大切さ素晴らしさを伝えていく事。新しい元号に変わり、世界発信のの時が近づいている今、大切なのは私たち一人ひとりがこの日本という国の大切さを素晴らしさを知っていく事。その事が大切だと思います。日本という豊かな国に生まれ、暮らしながら、その事を伝えていく準備が必要ですね。

もう一つの「と」

「十」一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ、九つ、

「十」とお。

一つから九つまで「つ」で繋げて十「とお」で喜びで終わり、上がる。次の時代のスタートの時。

新しい時代の到来を教えてくれています。

新しい時代は「結び」

○○○○  のように何かと何かを繋げ結ぶ。

新しい時代は一人では成り立たない、繋がりや結びが大切な時代のようです。

 

「けん」さん。

どの俳優さんも渋いですよね。任侠映画も流行ったころです。

一人一人が凄く確立されて個性が確立されている。圧倒的なスター性ですよね。

「自分、不器用ですから。」この言葉で誰だかわかるほどです。

でも、凄すぎて、なんか、ちょっと遠い存在ですよね。

でも、その遠い存在に憧れ「けん」さんのファッションなどを真似をしていた男性も少なくないようです。。(私の叔父もそうでした(笑))

憧れという日常。届かない存在でした

 

それに比べて

「けんと」さん。

「ツッパルことが男の~♪」私たちの世代は懐かしく現代の子供が口づさむ。学校では遅い時間のドラマだったのに、翌日はそのドラマの話題で持ちきりだったようです。

生活の中に入り込んできています。

近くにいる、お兄ちゃん。そんな感じです。近所を歩いているような親しみ溢れる存在です。

「けん」も「けんと」も日常に入り込みその姿を真似したり、その影響で歌を歌ったり。

私たちの生活に大きな影響を与えてくれていますね。

「け」日常

「ん」ステップアップ、次の流れをつくる。

「と」○○と繋げる、土地の大切さを教える。

 

これから、大切にしていくことは新しく入ってきた

「と」

土地を大切にして繋げていく。

土地と何かを結んで繋げる。

私はその中でも、最も大切にしたいと思っていることは、結び繋げていく事です。

「あなたと私」「男と女」「過去と未来」「夢と現実」「遊びと仕事」

そんな風に離れているものを「と」で繋げて結んでいく事が大切な時代の到来。そのお知らせが「けんと」さん達の登場です。このことを大切なメッセージだと受け入れたいですね。

今年、1年。これからのご縁。いろんな繋がりが楽しみです。

私と何を繋げて1つになっていきますか?

皆さんもそんな風にいろんな物、人、情報を繋いで結んでみませんか?

でもね。

本当はね。

一番大切なのはね。

自分と繋がり自分と結ぶこと。

その事で日常生活の中に何かステップアップがあるかも知れません。

 

「名前のことだまR」にはそのヒントありますよ。知らない自分と出会う事で何か凄いことが起こりそう。(笑)

 

最後まで、読んでいただいてありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高山仁美
高山 仁美です。長野県安曇野市穂高。自然満載の中、家族四人とワンコ1匹で暮らしています。名前のことだま®に出会ってから、ことだまの中に宿っている知恵を日常に活かし、名前から受け取った使命をフル活用して生活しています。自分自身と向き合い本当に生きたい人生を生きるお手伝いをさせていただいています。「名前のことだま®」には心穏やかに暮らすためのヒントが満載。その事をお伝えささていただく事が私の喜びでもあります。現在の主な活動としては個人鑑定や教室、講座の講師。その他では、あづみ野FMのおひさまサークル第一金曜日のレギュラーとして「高山仁美の名前のことだま®」というコーナーを担当させて頂いたり、学校でのPTA講演会でお話をさせて頂いたりしています。世の中の人たちがより豊かな自分と出会い、より豊かな人生創造のお手伝いをさせていただいてます。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.