名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

運気鑑定(10年運気)について

2018/11/09
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

「名前のことだま®」の運気鑑定の説明です。

運気鑑定(10年運気)
人の名前から運気を読み解く


出会った人の名前から運気を紐解きます。
生年月日で見ません。
多くの運気鑑定は生年月日で占います。
星の動きが人生に影響を与えるということで
2000年以上の歴史を持ちます。
(西洋占星術、インド占星術、東洋占星術など)

星の動きが人生に影響を与えるように、
人の出会いが人生に影響を与えることを
多くの方は体験していると思います。
人の出会い、人の名前からその人との運気を紐解くという
全く新しい運気鑑定が名前のことだま®10年運気です。

運気鑑定は日本語の行(あかさたな~)の法則を応用して見ていきます。
未来を占わずに未来を創ることを目的にしているのが
名前のことだま®の運気鑑定です。
他の生年月日から読み解く運気との大きな違いです。

特徴
①吉凶判断ではありません。
今年はいい年、悪い年などの判断はしません。
今年は八方ふさがりの年、殺界の年など否定的な表現をしません。
その年が持つ肯定的なキーワードをお伝えします。

②10年周期で運気を見ます
日本語10行を応用して10年周期で見ます。
「あ行の年」「か行の年」などと表現します。
各行が持っている意味、キーワードをお伝えします。

③毎年のキーパーソンをお伝えします。
紐解いた運気からその年の自分にとってのキーパーソンの
名前をお伝えします。その年に出会える名前をお伝えします。

④人間的成長を目的とします
その年が持つキーワードを意識しながら生活をすることで
人間的な器が大きくなります。
10年を一区切りとして大きく成長する、
そのために毎年毎年を大事に生きることを伝えます。

鑑定例
私(ことだま教師)の場合 この鑑定を創った2005年から
毎年鑑定をしています。
最初に鑑定したのが2005年です。
出会った人の名前をあげて紐解くと
2005年は「ま行」の年でした。
「ま行」の年の特徴は評価、真実がキーワードになります。
今までの行動が評価される年になります。
2001年から始めた「名前のことだま®」が評価を受けた年でした。
今年2014年は「は行」の年です。「は行」の年の特徴は発信、拡大
チャレンジがキーワードになります。
今年は外に向けて発信していくことを
目的として進めていきます。
ちなみに「か行」の年が結婚の年なのですが
めでたくこの年に結婚することができました。
運気鑑定は未来を占わずに未来を創ることです。

※人の出会いから運気を紐解く「名前のことだま®」運気鑑定です。
最初は人の名前から運気が分かるのかなあと
疑心暗鬼で鑑定に臨みますが
実際に鑑定を受けて見ると
その的確さに驚きを覚える人が多々います。
また未来を創るという
自分で人生を切り開く考え方に共感していただいてます。

※「名前のことだま®」運気鑑定は
2005年に開発した全く新しい運気の見方です。

日本発の「名前のことだま®」運気鑑定を体験してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.