名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

大人のことだま

2018/11/09
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

名前のことだまも原点に戻り
何を伝えていきたいのかを明確にしたいと思っています。

その一つが「大人のことだま」です。

「ことだま」は一般的には「言霊(ことだま)」と漢字表記され
「言葉に宿った不思議な力、言葉にすると実現する」と言われています。

良い言葉を使えば良いことが起こり
悪い言葉を使えば悪いことが起こる

一般的にはそのように理解されています。
実際にその通りです。
ただその理解だけではもったいないものが
ことだまには含まれています。

17年、ことだまを研究して
そのようなことだまに関しての理解は
間違ってはいないけど表面的な理解になることです。
また誤解してことだまを捉えてしまう問題があります。

次の表現を見ることがあります。

開運する言霊、恋愛成就の言霊

ある言葉を口に出せば「開運する」
この言葉を口にすれば「恋愛成就する」

これも言霊(ことだま)の力でしょうが
それだけで終わるにはあまりにももったいないのです。

自分の願望だけを叶えることがことだまなのでしょうか?
自分の願望を叶えることもことだまですが、それはあくまで
ことだまの一部でしかありません。

自分の願望を叶えることは「子供のことだま」です。
自分の願望を叶え、人の幸せを願うことが「大人のことだま」になります。

今年は「大人のことだま」を伝える一年にしていこうと思っております。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.