名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

ことだま師® 名前の音で使命を紐解く役割

2018/11/09
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

ことだま師®とは名前の音から使命を紐解いて
相手の自己肯定感を高めるサポートをする役割です。
私が主宰する会(命名言霊学協会)で与えている資格です。

認定を受けた方が

名前のことだま®で使命を見ると伝えると、
それって怪しくない?

そんな風に言われて困っているんですと話してくれました。

今は「ことだま」とひらがな表記ですが始めた頃は
「言霊」と漢字表現をしていました。

すると「言霊」の漢字表現に怪しさを感じる人が
いることに気づきました。
怪しさを緩和するために漢字からひらがなの
「ことだま」に変えたのですが、「ことだま」という
ひびき自体が怪しく感じるのでしょうね

「言霊」の言葉は万葉の時代から使われている
由緒ある言葉です。古代の日本人が言葉に見えない力が
あると信じていたことです。
「言霊自体」決して怪しい物ではないのですが
残念ながら「言霊」を怪しく使う人たちがいますので
その影響で怪しく感じてしまわれるようです。

怪しく使う定義は難しいですが、呪文のように使ったり
新興宗教やそれに類似する物で使用されたりしていることも
原因かもしれません。

「言霊」「ことだま」にそんな否定的なイメージがあるのか
名前のことだま®を勉強している方が
家族や知人に「名前のことだま®」を学んでいると
伝えると否定的な反応が返ってくることがあるようです。

「大丈夫?」

「何かの宗教?」

名前のことだま®は怪しい物ではありませんが
言葉で「怪しくない」というだけでなく
名前のことだま®を伝えている人の行動を通して
確認していただきたいと思っています。

名前のことだま®が伝えている問題解決の仕方は
特別な秘伝や秘技などではなく
努力(自力)と人の協力(他力)の二つで行うという
極々普通のやり方をお伝えしております。

またこれをしないとだめになるとか、不幸になるなどの
言動もお伝えしておりません。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.