名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

名前に無関心な人たち

2018/11/09
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

私は名前から使命を紐解く話をしていますので
講座をやるときなどに受講者の方に名前について
どう思うかを聞いています。

名前が好き、名前が嫌いとはっきり答える方もいますが
一番多いのが何とも思っていない人です。
質問する半数以上は特に名前に関しては何も思っていません。

親が自分の好きな名前をつけた
姓名判断でいい名前をつけた

自分の名前を人ごとのように感じている人が多いのです。
名前に関して思い入れがない、そんな人が多いです。
言葉を変えれば自分の名前に対して
好きでも嫌いでもない人が圧倒的に多いのです。

じつはこの名前に対してのとらえ方が大きな問題で
くせ者なのです。

名前に対してどうでもいいと思っていることが問題なのです。
名前に無関心なのです。

名前に無関心なのはさまざまな原因があります。

名前を単なる人と区別するための符号ととらえる人もいますし、
親の子どもに対する期待であり、自分とは関係ないと思う人もいます。

名前=自分なので名前に対して無関心なのは
自分を愛していないことに繋がってしまいます。
自分を大事にしていないことにつながるのです。
これでは自己肯定感を持つことができません。

名前の由来を聞くだけでは、多くの人は名前に興味を持つことは
少ないことを多くの人の名前を見ることで感じてきました。

名前に意味を込めて伝えることで、名前に興味を持ちます。
不思議と自己肯定感を持てるのです。

名前に含まれた親の思いを伝えるだけでは少し弱いです。
名前に自分がこの世に生まれて来た意味を伝えることです。

あなたが必要ということを伝えることが必要です。
人は必要とされるいることが自己肯定感なのです。

あなたはこのような役割がある
使命があると伝えることで名前が動き出します。

親の名前に対する願いの背後にある
私の使命を名前のことだま®は紐解きます。

名前を改名するのではなく
名前を解明するのは
そのような意味があるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.