名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

名前をつけるとそのようになる

2018/11/09
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

聖書に次のコトバが書かれてあります。

主なる神は野のすべての獣と、空のすべての鳥とを
土で造り、人のところに連れてきて、
彼がどんな名をつけるかを見られた。
人がすべての生き物に与える名は、その名となるのであった。

旧約聖書創世記より引用(日本聖書協会)

聖書の中には名前に関して私たち日本人にも共感を
覚えるような内容が書かれてあります。

名前をつけるとその名前のようになる。


名前とは実に不思議なものだと感じます。

名前のことだま®の講義をする時に受講者に名前についてどう
感じてきたのかを聞くことがあります。

名前は親の期待や希望で付けられますが、
そこに使命という意味づけをしていくと
名前がまた違ったように動いてくるわけです。

名前は自分が思ったように動いていくのだと思います。

名前を単に人と区別するだけのものであると思う人もいますが、
そう考える人は名前は単なる区別する記号にしか過ぎません。
名前は使命がある、そう考えると名前がそのように動いて
いくでしょうし、悪い名前と思っていたら悪いように動いて
いくでしょう。

名前は使命と思うなら、あなたの名前は使命として動いて
いくでしょう。

名前をどう感じ捉えていくのか、人生においてもとても重要な
ことではないかと思うのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.