名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

ことだまで見る個性④ 同じ服を着る

2018/11/10
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

ことだまで見る個性の4回目です。
今日も服について書いてみます。

個性は服ではなく、その人の仕事、人間性、人柄で
表すものとお話しました。

ヴァンジャケットの石津謙介さんは
ビジネス服は目立ってはいけない、むしろ目立たないことが大事
服に個性があってはいけないと話しています。
個性は服では無く、仕事で発揮するものという考え方から
でている言葉です。

よく批判される日本の若者が就活シーズンになると
おそろいのリクルートスーツを着ることも、
見方によっては、個性は服では無く、あなたの
仕事、人柄で表しなさいよと言うメッセージかもしれませんね。

制服など同じ、服を着ないといけない場合
または贅沢を禁止された江戸町民がやったことは
裏地に凝るということでした。

これは「粋(いき)」ということである種の個性と言えます。

個性の発揮の方法を考えてみると
次のような形で個性を発揮できることもあります。

同じ服、装いをする。

同じ服を着ているのに個性を出すことです。

代表例としてはアップルのスティーブ・ジョブズです。
彼は黒タートルネックと青いジーンズを好んで着用していました。
ジョブズ=黒タートル&青ジーンズの型を作ったのです。
これも個性の一つです。
ジョブスをみて彼はいつも同じ服を着て個性のないやつだなあと
思う人は誰もいないでしょう。

アニメ『ルパン三世』の次元大介はもその一人です。

作品の中で次の台詞がでてきます。

同じ帽子ばかり持っている次元との会話

ルパン 「たまには違うのを被ったらどうだ?」

次元大介 「ま、ホントのオシャレってのは、こういうもんよ」

真のオシャレは同じ服を着る。装いをする。
ホントのオシャレ(個性)ってのは、こういうのもありです。

ジョブスにしても次元大介にしても
服は個性を表す単なる道具になっていることがポイントですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.