名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

名前を紐解く④ 「こ」の巻1 三人娘

2018/11/10
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

名前を紐解くシリーズです。
今日から三回続けて「こ」について書いてみます。

以前、NHKでスパーク三人娘の特集が流れていました。
三人娘とはいろいろあるようですが、これは1960年初頭に和製ポップスで
一世を風靡したユニットのスパーク(ナベプロ)三人娘です。

三人娘の一人、園まり(後ろに写っているのは伊東ゆかり)

伊東ゆかり、中尾ミエ、園まりの三名が三人娘です

スパーク三人娘は1962年~65年位まで活動しました。
私はリアルタイムに見ていたわけではありませんが、名前くらいは
知っていました。
60代以上の人にとっては懐かしい三人娘と思います。

ここでは三人娘の活動内容ではなく
名前からこの三人を見て行きたいと思います。

伊東ゆかり、中尾ミエ、園まり、に共通するものは何でしょうか?
名前に「子」がつかないということですね。

1962年当時は全国命名トップ5はすべて「子」です。
1位 久美子 2位 由美子 3位 恵子 4位 洋子 5位 智子
*明治安田生命調べ

そして三人娘の本名はすべて「子」がつきます。
伊東ゆかり(伊東信子)、中尾ミエ(中尾美禰子(みえこ)、
園まり(薗部毬子)

「子」(こ)が持つ働きは形、現実化する働きを持っています。
「こ」は実現化する働きが出てきますので、非常に現実生活と
関わりが深くなります。
そのため芸能生活のような夢の世界には合わない傾向になります。
水のように流れて行く芸能界には「子」より、
それを使わない名前の方が良かったようです。
ただ本名に「子」が隠されていますから、目的が実現化する、
地に足をつける働きが残っていたと言ってもいいでしょう。

スパーク三人娘の一時代前の三人娘は
美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみです。
この三人も「子」がつきませんね。

今の女の子も「子」がつきませんので
ともすれば芸能界のように流行に流されてしまって
形が残らない傾向になりやすいと言えます。

本名に実現する「こ」を持っていない今の女の子は
どうしたらいいのでしょうか?
それが「こ」のことだまを自分の親の世代との交流が
成功して行く秘訣だとことだまから読めて来ます。

日本の名前は流行があります。それは時代の流れ、動きを
無意識にキャッチして名前に封印していくのです。

それを紐解くことができるのが名前のことだまです。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.