名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

名古屋ラストメッセージ

2018/11/19
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

名前のことだまでは人の名前がメッセージを
与えてくれると見ていきます。

名古屋での生活の最後に会う人たちが
私に名古屋でのラストメッセージを与えてくれました。

名古屋で最後のことだま師の認定を受けて
くださった方の名前が「りか」さんでした。

「りか」の名前が私に伝えてくれているメッセージは
何でしょうか?

それは「り」の意味する、

「国際人として日本文化を伝えなさい」

「か」の意味する

「責任を持って見返りなく与えなさい」

結構重たいメッセージです。
でも、それが私が名古屋から金沢へ移ってから
行う使命として「りか」さんが私に与えてくれました。
もちろん、「りか」さんが私にそのようなメッセージを
言葉にしたわけではありません。

私が「りか」さんを通して受け取ったメッセージなのです。
私に必要なメッセージのように思えます。

ことだまの音にはたくさんの意味がありますので
その意味を自分なりにアレンジして自分へのメッセージとして
受け取るのです。

たとえば次のようなとらえ方もできます。

「り」の意味する

「大きく変化する時」

「か」の意味する

「輝く時」

「大きく変化して、輝く時」のメッセージを「りかさん」は
教えているとも言えますし、「日本文化を責任も持って伝えること」
そのようなメッセージとも言えます。
どちらも自分に必要なメッセージです。

人の名前が私に素晴らしいメッセージを与えてくれます。

名古屋におけるラストメッセージ、何と面白いものでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.