名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

氏名は使命11 自分の決めていないものに目を向ける

2018/12/29
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

氏名は使命の11回目です。

使命を自分の名前から紐解いていきます。

昨日は夢と使命の違いを書いてみました。

夢と使命の違いはいくつかありますが、
その一つが自分が決めているか、決めていないかがあります。

普通は自分で決めることが大事になりますが
視点を変えて自分が決めていないことに目を向けてみましょう。

自分の決めていないものは何でしょうか?

それが名前です。
名前は親、名付け親が決めたもので自分が決めたものでは
ありません。
物心がついたら「ひろこ」とか「けんた」とか
呼ばれることで、自分の名前が「ひろこ」とか「けんた」と
気づくわけです。

※名前を自分で決めてきたという考え方がありますが、
名前のことだまではそのように考えていません。

名前はとても大事な物ですが、その名前は自分が決めていません。

自分が決めていない、これが使命と同じです。

使命は外から私に向かってくるものです。
名前も親から自分に向けて付けられたものです。

使命と名前は不思議と共通します。
どちらも与えられるものです。

使命はミッションとも言います。

ミッションと言えば有名なミッションインポッシブル(トム・クルーズ主演)です。
トムクルーズ演じるイーサンにミッションの指令が来てその工作をする話です。
たとえばミッションインポッシブル2はウイルス奪回の指令を受けて
オーストラリアのシドニーに工作のために侵入する話です。

ここで問題です。
イーサンはオーストラリアのシドニーに行きたいのでしょうか?
またウイルス奪回をやりたかったのでしょうか?

むろんどちらもイーサンがやりたいことではありません。
指令(使命)を受けて工作活動をはじめたのです。

自分のやりたいことではない工作ですが、イーサンはいい加減に
工作活動をすることはありません。真剣に工作に向かうのです。

名前を自分が決めたものではありませんが、
名前を受け取り、名前に込められた使命を果たすことが大事です。

自分の決めていないことに
目を向けること。そこに幸せのヒントがあるのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.