ジパング・コード®を学ぶ人、実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

安間惠子(静岡県)

2018/11/06
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

インタビュー

☆今までに受けた講座は何講座ですか?

「ひめレッスン」「歳時記講座」です。

☆最初に講義を受けたとき、どんなことを感じましたか?特に印象に残っていることはありますか?

ひめレッスン:ひめとおとめの違い。女性がひめになれば日本が変わる!と強く感じました。(確かに自分にもおとめ時代があった!と思いました)

歳時記:日本の良さを再確認できる講座。一般的な行事をことだま視点で紐解いていくと「そうだったのか!」と楽しく、日本が学べると思いました。

☆山下先生の講座を受けて、変化はありましたか?

日本のすばらしさを再確認できました。24節、季節の行事にも興味を持ちました。

山下先生の講話を、みんなに伝えたいと思いました。自分も語り部になりたいと思い、講師コースにすすみました。

☆これから「ジパング・コード®」をどのように広げていきたいと思いますか?

・毎月1回、インターネットTV30分枠を購入し歳時記講座の告知とドラマや有名人の名前の話をしています
・歳時記を2か所で毎月開催
・神社やお寺でのお話会

☆山下先生の講座は、特にどんな人にお薦めしたいですか?

女性たち!ぜひ子供たちに伝えてほしいので
日本があんまり好きじゃない日本人

 

講座依頼はこちら

【講座メニュー】歳時記講座

【詳細&申込み】現在申込み可能な日程はこちらへ。

※伝える人になること(講師養成)に興味がある方はこちらへ。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジパング・コード® , 2018 All Rights Reserved.