ジパング・コード®を学ぶ人、実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

地鎮祭(とこしずめのまつり)

山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

日本の始まりは縄文時代です。
歴史が文献として刻まれる遙か古代から
日本は歴史を刻み込んできました。
遙か古代の縄文を見てきた詩人に宗左近がいます。

詩の心がなければ縄文の精神を見ることができないと
言っています。文字として残っていなければその時代を
見通す感性を詩の心と表現しているのでしょう。

縄文時代の精神は地鎮祭に残っているとお話しされています。

縄文の痕跡は世界のどこにもない地鎮祭。
あれは縄文から来たものに違いないでしょうね。
この土地を使わせてください。ご迷惑でしょうが
お許し下さい。と神様に祈るわけです。
石に対する信仰もそうです。山や火山のもとである石が
罪や汚れを取ってくれる。大地や石という無機物、
しかし命ある無機物に対して鎮めて祈る。
無機物もなお命を持っているという思想は日本だけでしょう。

地鎮祭は正式には「とこしずめのまつり」と言います。
土地は人間のものではなく、神様のものであるという
謙虚な姿勢を持っていたわけです。

21世紀は縄文の精神がよみがえってくる時代だと
思っています。
名前のことだまを日本の文化も伝えていきたいと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジパング・コード® , 2018 All Rights Reserved.