名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

「うん」のことだま

2019/02/28
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

「うん」のことだま
返事は「はい」の方がいいですよ。
 
昨日は「はい」のことだまについて書いてみました。
「はい」を使うことで、動き出す働きが
でてくることを書きました。
 
返事は「はい」とともに
「うん」という言葉があります。
 
「うん」は子供が多く使いますが、
「うん」には動き出す働きはありません。
 
「うん、わかった」
「うん、やってみる」
 
そんな風に使いますが、
この場合は
「わかること」
「やってみるまで」
に時間がかかってしまいます。
 
なぜなら、「う」のことだまには
 
「受け入れる」
「熟れる(熟成)」
「生み出す」
 
三段階の時間の流れがあるからです。
つまり、受け入れてから生み出すまで
インプットしてからアウトプットする
までに時間がかかるのです。
 
スムーズに動くとき
さっと動くときには
「うん」の返事はあまり役に
たちません。
 
むしろ時間がかかることを
念頭に入れておいた方がいいです。
 
「うん」のことだまは返事で
使うよりも、あいづちとして
使うときに効果がでてきます。
 
講義を聞くときも、うなずき
ながら聞くことで、学んだ内容が
自分の中に入っていき、熟成して
いきます。
 
そして時期がきたら外に出します。
内省したり、じっくりと考えたり
自分の物にするには
「うなずき」の効果が最大限に
生きてくるのです。
 
学んだ物は必ず外に出す
習慣を持つことが大事です。
インプットしたらアウトプット
してらいいと言われています。
 
外に出さないとどうなるかと
いえば、受け取った内容が腐って
しまうからです。
 
「う」は熟成の働きがあります。
熟成には二つの流れがあります。
 
「発酵と腐敗」
 
受け入れた物がよい形になるのが
発酵です。熟成が発酵になる場合と
熟成が腐敗になる場合があります。
 
外に出さない、アウトプットしないと
せっかく学んだ物が腐ってしまうので
もったいないですね。
 
だから、腐ってしまうと
「うずいたり、うめいたり」
してしまいます。
 
動き出したい場合は「はい」
じっくりと自分のものに
したい場合は「うなずく」
 
そして受け入れた物は
時期が来たら外にだしましょう。
アウトプットしてみましょう。
 
日頃使っている言葉に気をつけると
生活も潤い、人間性も高まります。
 
日本語って本当によくできています。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.