名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

11月10日(日)大阪にてひすいこたろう氏&山下弘司先生のコラボ講演会開催!

ゆるっふわっ、自然に伝えます~♪(安間恵子)

2019/05/05
安間惠子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
安間惠子
50歳まで仕事優先の日々。最近、学ぶ楽しさに目覚め、名前のことだまをはじめ、個性心理學、神道・仏教などを学ぶ。趣味は仕事と学ぶこと夢想。小さな時から困った時には必ず助け舟が来るという幸せ者。そんな有難い人生後半のミッションは、ご縁を頂いた方の本質や使命・役割をお伝えする事。それが恩送りになると真剣に思っています。
詳しいプロフィールはこちら

今月のリレーブログのテーマは、
【令和を迎えての抱負】

今年の2月から「ことだま歳時記」を開講させていただく機会を得て
名前のことだまや日本の素晴らしさを伝えることが多くなりました

この講座を始めるきっかけを作ってくれたのは「みか」さん
みかさんの「み」人を育てる・磨くと
「か」役目を作る

この講座やろうと速攻で決めてくれたのは「さとこ」さん
「さ」人に幸せを与えるために素早く動く
「と」最終アンカーの役割、家系(伝統など)の繋がりの大事さを教える

このおふたりのことだまの力に押され、とんとん拍子で決まった講座でした

実は私、講座の内容は本業の「広告に関すること」だと勘違いをして、
ことだまの資料は一切持参しなかったのです(^_^;)
「さとこ」さんのことだまの意味、歳時記を伝える大切さを
身振り手振りでお伝えしたところ
さとこさんからは「すごく大事!伝えてほしい!」
と言っていただけました

「自分が自信を持って好きって思っていることは伝わるんだ!」
・・・と今さらながら実感した瞬間でした

受講生のみなさんはどなたも日本を大切に思う方ばかりでとても温かくなりました

「受講して本当に良かったと思っています。言葉の素晴らしさをしることができました。
そして、ますます日本という国の素晴らしさを知ることができ、嬉しく思います」

「歳時記は、知っているようで知らない事のばかり。ますます日本って素敵な国だと思いました」
「五十音早見表を見るのが楽しくて、お友達を思い浮かべてそうそう!って悦にはいっています。
実際あって話すと当たってるー!って言われます。ことだまってスゴイですね」

こんな感想をいただきました

私は好きで伝えているだけですが、
こうして講座をしていくとご縁が広がりとても毎日が充実していきます。

出会った方に自然に、力みなく、ふわっと包み込みながら伝えたら・・・
別の方のご紹介から
7月からはホテルでのカルチャー講座が決まりました

今回はご縁をくださったのは「しげき」さん
「し」知らせる。問題解決になる情報を知らせる
「げ」成長に必要なものを与える(食事や言葉)
↑会場はホテルの和食処の個室!!!
「き」癒しを与える

この講座は「私が言葉で伝えることで、相手にとって癒しや問題解決になる」
こんなふうにことだまで紐解き思考すると、自分の方向性が定まってきます

名前のことだまを知ってからは出会いがとても楽しくなりました
この豊かな地球に生まれた以上、みんな愛されている存在
生まれてきた使命を知って、「大丈夫!」そんなふうに思ってもらえたらと思っています

最近、学んでいる心理学(量子力学)から
「思考」や声に出す「音」は振動として脳に伝わり、現実を作り出すそうです。

名前は自分へ贈られた魔法のコトバ。
「自分の名前が好き」「きれいな言葉」「前向きな思考」を持つことの大切さを伝えていきたい。
また、この活動を小中学校で一般人が講師となる【命の授業】やお寺での講話などにつなげていきたいと思います

愉しいけれど楽じゃない
だけど好きだから続けられる
私自身が楽しみながら、自然に、力みなく、ふわっと包み込みながら伝えていきます

令和時代もどうぞ、よろしくお願いいたします

この記事を書いている人 - WRITER -
安間惠子
50歳まで仕事優先の日々。最近、学ぶ楽しさに目覚め、名前のことだまをはじめ、個性心理學、神道・仏教などを学ぶ。趣味は仕事と学ぶこと夢想。小さな時から困った時には必ず助け舟が来るという幸せ者。そんな有難い人生後半のミッションは、ご縁を頂いた方の本質や使命・役割をお伝えする事。それが恩送りになると真剣に思っています。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.