名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

継続を重んじる国、日本(安達充)

2019/10/04
安達 充
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
安達 充
安達充(あだちみつる)。一人のために曲を贈るシンガーソングライター。 2010年から山下弘司氏に師事し、『名前のことだま®』を音楽を通して普及中。 2016年、日本語50音の1音1音に隠された意味を元に1曲ずつ作詞作曲した 『お名前50音ソングレター®』をリリース。(CDブックとして好評販売中) 名前をテーマとした『世界で一番素敵な言葉』は全国の小中学校で合唱されている。
詳しいプロフィールはこちら

10月になりました!

2019年も残すところあと3ヶ月。

来月には大嘗祭も予定されてますので、残り一日一日を大切に過ごしていきたいですね。

そんな今月のお題は「私が好きな日本文化」となりました!

今月もよろしくお願いします!

継続を重んじる国、日本

日本の素晴らしさは色々な視点から語れると思っていますが、まずは

「世界で最も長い歴史を持つ国である」

という点は外せないんじゃないかと。

 

神武天皇即位から約2600年の歴史を持つのが日本。

これは世界史の中でも奇跡的なことで、2位のデンマークが1000年ちょっと、3位のイギリスが900年ちょっとであるということから言っても凄いことだと言えます。

※中国4000年の歴史と言いますが、中国は単一国家ではないので意外と歴史は浅いんですね。

 

国の歴史だけではなく、国内の企業の歴史も世界一。

創業100年を超える企業の数は3万社を上回り、これはダントツで世界No1となっています。

※ちなみに世界最古の企業と言われる会社は「金剛組」という日本の建設会社です。

 

ここまでの話は知っている方も多いと思うのですが、「名前のことだま®」ではその日本の根底に流れるあり方を、意外なところから紐解きます。

それが、

「7よりも8が好きな日本人」

という話。

 

「は?何言ってんの?」って感じですよね、ハイ(笑)

でも、日本人って「ラッキーセブン」って言われるよりも「末広がり」「米寿」「八百万の神」みたいに「八」という数字を大事にしてきたのは何となく頷けますよね?

そんな無意識的なところに、実は「継続を重んじる日本文化」の秘密があったんです。

 

というのも、「1~10」までの数字にはすべて意味があります。

「7」という数字には「成る」という意味から「完成」という意味があるんですね。

※「1週間は7日間」「学校の七不思議」「7つの習慣」など、7でひとまとまりのものって多いですよね。

 

一方「8」という数字には「7(完成)+1」という意味があり、これは「継続」を意味します。

(完成したものは、その次に継続していくことが大事、ということですね)

日本人って“アメリカンドリーム”のように「何かを一度成し遂げた人」よりも、”老舗”とか“生涯現役”とか、「何かを続けている人」の方が評価が高い印象ってありますよね。

これが「7を好む西洋人、8を好む日本人」という違いになっているとしたら、、、とっても面白いですよね。

 

ちなみに、この「8」を表すことだまは「や」です。(「八つ」のことを「やっつ」といいます)

どんな言葉に登場するかというと、「宮(みや)」とか「社(やしろ)」とか。

そう、神社にまつわる言葉にたくさん登場するんです!

 

考えてみると、神社というのは1000年以上の歴史を持つものがたくさんあります。

その「継続」の象徴である神社に「八(や)」のことだまが多く登場するのは決して偶然ではない気がします。

何かを継続したい人は、神社を参拝することでその継続のエネルギーをもらうと良い、と言われる所以です。

 

ちなみに、伊勢神宮では「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」という行事が毎日2回ずっと続けられています。

「日本国民が飢えることがないように」という願いを込めて、外宮の御鎮座以来ずっと続いている行事で、その歴史は約1500年以上となります。

第二次世界大戦中でさえ、この行事は休むことなく続いていたということを知ると、いかに日本人が「継続」ということを大事にしてきたか、ということを強く感じますね。

 

そんなわけで、私が好きな日本文化は「継続」

私事ですが、先月活動15周年のライブを終えたばかりで、あらためて「継続は力なり」を実感しているところです。

日本人の一人として、「継続」ということを大切に生きて行きたいなと思っています。

★追伸★

ひすいこたろうさんと山下弘司先生がが三大都市を巡ってコラボします!

【ひすいこたろう&山下弘司コラボ講演会】
新元号とあなたの名前を予祝する
〜一粒万倍!望む未来を手に入れるあの話〜

・東京 7月27日(土)GAホール
【満員御礼で終了しました!】

・名古屋 10月19日(土)刈谷市産業振興センター
詳細・お申込→ https://www.kokuchpro.com/event/yosyuku1019/

・大阪 11月10日(日) 高槻現代劇場文化ホール
詳細・お申込→ https://www.kokuchpro.com/event/osakayosyuku/

この記事を書いている人 - WRITER -
安達 充
安達充(あだちみつる)。一人のために曲を贈るシンガーソングライター。 2010年から山下弘司氏に師事し、『名前のことだま®』を音楽を通して普及中。 2016年、日本語50音の1音1音に隠された意味を元に1曲ずつ作詞作曲した 『お名前50音ソングレター®』をリリース。(CDブックとして好評販売中) 名前をテーマとした『世界で一番素敵な言葉』は全国の小中学校で合唱されている。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.