名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

日本語の響きが美しいのは(井村祥子)

井村祥子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
井村祥子
「おとなの家庭科」を運営し、3つのかてい(家庭、過程、仮定)を大切に、日々の暮らしの中にあるしあわせの種を育むことのお手伝いをする事業(授業)を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

言語を習得するために必要なことは
何か考えたことがありますか?

ある英語の体験講座に参加した時に
感動したことがあります。

それは、「発音」について

人は、聞いたことがない
「音」「言葉」が聴き取れないこと!!

マクドナルド と日本語で聞けばわかるけど
英語の発音では、わかるまでに時間がかかる。

英語が伝わらないのは、
その「音」を発せてないから。

「でも、大丈夫!日本語を話す人は48音を
使いこなせている。他言語は、これよりも少ない。
48音できたら、あとは知ればできる」と。

日本語は、自然界の音からできています。
だから、自然のことを理解でき、
変化を感じることができるのです。

山下先生の1音1音のひもとき、歳時記は、
日本語を使う人に響く。

だから、自然の仕組みを聴けば、
色々なことがスゥーーーっと入ってきます。

古事記の中でよく聞く言葉は、

命とかいて「みこと」

みことは「御言」

大自然、八百万の神の願いを叶える人
その行動こそが「見事」であり「美事」となる。

一人ひとりに与えられた役割、
それはパズルで言う1ピース

「氏名は使命」、指名された「命」に
名前を響かせ、そのギフトを受け取ると、

互いに生かし、生かし愛、調和して
穏やかでしあわせいっぱいに暮らす世界が広がる。

全て習慣の中に、大切なことは組み込まれています。
自然の中でその音を響かせて
大事な「命」を輝かせていきましょう。

今年のご縁に感謝しています。良いお年を♪

☆おとなの家庭科/DARASA CHUO ショップ
☆家庭科の先生が伝えるおとなの家庭科メルマガ
☆ おとなの家庭科 ブログ

この記事を書いている人 - WRITER -
井村祥子
「おとなの家庭科」を運営し、3つのかてい(家庭、過程、仮定)を大切に、日々の暮らしの中にあるしあわせの種を育むことのお手伝いをする事業(授業)を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.