名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

11月10日(日)大阪にてひすいこたろう氏&山下弘司先生のコラボ講演会開催!

温泉、お風呂でゆったり、まったり(井村祥子)

2019/10/11
井村祥子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
井村祥子
「おとなの家庭科」を運営し、3つのかてい(家庭、過程、仮定)を大切に、日々の暮らしの中にあるしあわせの種を育むことのお手伝いをする事業(授業)を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

嘉麻市 おとなの家庭科 井村祥子です。
ただいまドイツでこのブログを書いています。

海外に来て、日本の当たり前が
どれだけ自分の暮らしに定着しているのか
どれだけ幸せなことだったのか、
違いの中で、暮らしの中のささやかな幸せを
たくさん感じることができました。

外国で思い浮かんだ
好きな日本文化は「お風呂」の習慣

毎日、非日常の暮らしの中、たくさん歩き、
慣れない習慣にワクワクしつつも、
いつも以上にエネルギーを使っていたり
そんな時には、ほっと一口の温かい緑茶。
ゆったりバスタブでお湯に浸かること。
これが一番のエネルギーチャージ。

あったかいお湯の中で思わず口から出る
「あ〜」開放感の音
体がゆるみ、リセットされてゆく。
さらには、元気がわいてくる。
そして新しく始まる。

夜にお風呂に入ることは、
一日のけがれを流し、エネルギーチャージして
また新しい朝を迎える準備。
「一日一生」を重ねるための
大事な習慣のように感じています。

「ゆ」は「結」「湯」
 自然の湯は「温泉」

温泉とは疲れた人が
湯船に浸かり、ゆっくりして
疲れを癒し、元気を回復する場所
 
「ゆ」の音を名前にもつ人も同じ役割
ゆきえさん、ゆみさんのそばにいると
ゆったり、ゆっくり、ゆるり気分で
心からあったまり、元気になりませんか?

異文化との違いを感じると、
自分の好きなことがよくわかります。

早く家のお風呂にゆっくり入りたいです。
今ある続いてきた文化を楽しみ、
その価値に気づいていきたいですね。

 

☆おとなの家庭科/DARASA CHUO ショップ
☆家庭科の先生が伝えるおとなの家庭科メルマガ
☆ おとなの家庭科 ブログ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
井村祥子
「おとなの家庭科」を運営し、3つのかてい(家庭、過程、仮定)を大切に、日々の暮らしの中にあるしあわせの種を育むことのお手伝いをする事業(授業)を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.