名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

自分の名前が好きになる「名づけの秘密」のおはなし(小松よしき)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
小松よしき
19年勤めた会社を辞め、《みんなが自分の個性に気づき、それを活かせる社会》を実現するため、これまでに100名以上の方に「名前のことだま®」使命鑑定をさせていただきました。《時代は競争から調和へ》「個性の違いを受け取らない競争の世界から個性の違いを受け入れ調和する世界」が深く浸透するよう活動をさせていただいてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

さいたま在住のことだま師®こまっちゃん(小松よしき)です

全国のことだま師®が、毎月一つのテーマでブログを綴る『リレーブログ』

今月のテーマは「わたしの鑑定エピソード」です

 

100人鑑定からみえてきたもの

ことだま師®として活動するためには、

何人かの方にモニターになっていただき鑑定を受けてもらう必要があります

私はそこで大きな目標を掲げました

それは…

短期間で100名の方に鑑定をする!

というものでした

そして、たくさんの方のご協力をいただき

2か月間で100名の方に鑑定をさせていただき

目標を達成することができました

この経験は私にとって貴重な財産となってます

 

100名の方へ鑑定をしていく中で

意外な発見がありました

それは

自分のお名前をあまり好きではない方が意外と多くいらっしゃった

ということでした

好きではない理由も様々ありました

※古風な名前が古臭い感じがして嫌だ

※男の子っぽい名前で、もっとかわいい名前が良かった

※〇〇子という「子」が付く名前が嫌だった

なかには

※父親が昔に付き合っていた彼女の名前が由来なので嫌い

なんて方もいらっしゃいました

私が想像していた以上に

自分の名前が好きではない方が多くいたことに

とても驚きました

そして

私は鑑定の中で

自分のお名前が好きではない方に対し必ず

ある「名づけの秘密」のお話をさせていただきます

そのお話をさせていただくと

鑑定が終わった後

※自分の名前が好きになり自信がもてました

※名づけの秘密の話を聞いたことで、自分の名前の意味や役割を深く理解できました

※自分の名前へのイメージが変わり、自分の名前が好きになることで自分のことが好きになりました

という嬉しいご感想をいただきます

あまり好きじゃなかった自分の名前が好きになる

「名づけの秘密」の話…気になりますよね(笑)

 

嫌いだった自分の名前が好きになる「名づけの秘密」

「名前は誰が付けてくれましたか?」

と質問すると「親!」とお答えになる方が多くいらっしゃいます

中には祖父母の方や、近所のお坊さんにつけていただいたなど

様々な方がいらっしゃいます

そしてその名前には

様々な願いが込められている場合が多いです

例えばご両親が名付け親なら

ご両親の思いが名前に反映されます

・大きく成長してほしい

・優しい子に育ってほしい

いろんな思いが名前に込められます

もちろんそういった名づけも大事なのですが

ことだま師®はもう一つ違う視点で

名づけをみます

それは

無意識のうちに名前に意味をこめる名づけ

です

 

これは女性の名前をみるとわかりやすいです

1950代から70年代に生まれた方のお名前は

「〇子」というように最後に「こ」の音が付くお名前の方が非常に多いです

そして1980年代以降になると

最後に「あかさたな…」という「あ列」の音で終わるお名前の方が増えてきます

例えば、

「あきこ」さんが「あきな」さんになったり

「ゆうこ」さんが「ゆうか」さんになったり

「はるこ」さんが「はるか」さんになったり

「こ」の名前から「あ列」の名前へと時代を経て変化しています

 

「こ」の音には

・物質化する

・カタチにする

・物質的な豊かさ

という意味があります

「あ列」の音には

アイデア、夢、希望、未来という意味があります

 

日本がまだ今ほど豊かになる前の時代は

物やお金に困らないように、豊かに暮らせるよう

という願いが多く

「こ」の付く名前が多くなり

時代が物質的にも豊かになってくると

夢や希望に溢れた子に成長してほしい

という願い多く

「あ列」の付く名前が多くなった

ことだま的観点ではこのように解釈しています

 

ことだまの意味は

日本人なら無意識の領域である感覚的な部分では理解してますが

50音のそれぞれの音の意味を明確に理解している人はあまり多くいません

つまり名づけには

名付け親が思いや願望を込めて名付けた「意識的名づけ」

ことだまの音の意味に込められた「無意識的名づけ」

があるということです

 

つまり名前をことだまで紐解くということは

「無意識的名づけ」の意味を理解し

自分の役割や使命を明らかにすることなのです

 

自分のお名前があまり好きではないクライアントさんに

このお話をさせていただいた後で

詳しくお名前の意味や役割などを紐解いていくと

非常に喜んでいただきます

 

※今まで自分が抱いていた名前のイメージが一変した

※自分の名前には今まで隠れていた意味やメッセージがあるとわかり感動した

※自分の名前を嫌っていたけど、別の視点を持つことで自分の名前が好きになりました

このように様々な嬉しいご感想をいただきます

 

ご自分の名前の

無意識的名づけに隠された深いメッセージ

あなたも気になりませんか?

 

名前を好きになることは自分を好きになること

仕事や生活をどんなに頑張っても

自分を嫌いなままだと

なかなか未来は輝きません

自分の名前に込められた深いメッセージを知ることで

自分の事をもっと好きになり

さらに未来を輝かせることができると信じてます

鑑定メニューもご用意しています

ご興味あるかたは私のページもぜひご覧になってください!

https://kototama-himehiko.com/namae/komatsu-yoshiki

 

明日は信州高山仁美さんです!

お楽しみに~!

この記事を書いている人 - WRITER -
小松よしき
19年勤めた会社を辞め、《みんなが自分の個性に気づき、それを活かせる社会》を実現するため、これまでに100名以上の方に「名前のことだま®」使命鑑定をさせていただきました。《時代は競争から調和へ》「個性の違いを受け取らない競争の世界から個性の違いを受け入れ調和する世界」が深く浸透するよう活動をさせていただいてます。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.