名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

11月10日(日)大阪にてひすいこたろう氏&山下弘司先生のコラボ講演会開催!

あなたの知らない【名前】の世界 ~父の死が教えてくれた二つの大事なこと~ (小松よしき)

2019/09/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
小松よしき
19年勤めた会社を辞め、《みんなが自分の個性に気づき、それを活かせる社会》を実現するため、これまでに100名以上の方に「名前のことだま®」使命鑑定をさせていただきました。《時代は競争から調和へ》「個性の違いを受け取らない競争の世界から個性の違いを受け入れ調和する世界」が深く浸透するよう活動をさせていただいてます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

さいたま在住のことだま師

「こまっちゃん」こと小松よしきです

全国のことだま師が書き綴るリレーブログ

今回は【名前】について考えてみました

 

【名前】とは

人に限らず、物にも付けられています

名前を付けることで

他のものと区別し

呼ぶときにわかりやすいように

なっています

 

ネーミングの理由は様々で

現物のイメージとは

かけ離れたものもあれば

用途がそのまま名前になったものもあります

 

たとえば

芝を刈る機械だから

「芝刈り機」

レバーとニラを炒めたものだから

「レバニラ炒め」

 

役割や用途や状態そのものを

そのまま表す名前があります

 

逆に名前が定着しすぎて

名前を聞くとイメージが

すぐ浮かぶものもあります

 

たとえば

「セメダイン」と聞くと

すぐに接着剤をイメージしますが

「セメダイン」とは会社名であり

ブランドの名前です

しかし

あまりにも定着しすぎて

名前とイメージが

イコールとなったのです

 

名前のイメージがすっかり定着して

その名前を聞けば

そのもののイメージがすぐに

思い浮かぶものも多数あります

 

では

人の名前はどうでしょう

 

自分の名前は

基本的には自分では決めていません

 

生まれたときに

誰かが名づけてくれたものです

 

自己紹介の時に

人は必ず名前を名乗ります

どんなに簡略な自己紹介でも

名前は必ず名乗ります

どんな趣味があるのか?

どこに住んでいるのか?

それを説明する時間がなくても

名前は名乗ります

 

名前とは

私が誰なのか

どんな人なのか

なんて呼んでほしいのか

それらが凝縮されたものなのです

 

その名前の中に

自分の得意なことや

自分の役割や

自分が持って生まれた使命

それらが反映されていたとしたら

すごいと思いませんか?

 

それをお伝えしているのが

「名前のことだま」なんです

 

先々月

私は父を亡くしました

そこで私は

名前から使命や役割を紐解く

ことだま師として

二つの貴重な経験をしました

 

まず一つ目は

戒名です

 

父が亡くなってすぐ

お坊さんからお電話をいただきました

「戒名をつけたいので

お父様のお仕事や活動されていたこと

お人柄などをお聞かせください」

私は父のやってきてこと

大切にしてきたことを

お伝えしました

 

その後に行われた葬儀で

新しく名づけられた父の戒名を見て

私は

父の生きてきた足跡そのものだと感じ

感動しました

 

生きているうちに名乗る名前は

親が「こんな子に育ってほしい」

と願いを込めて名付けます

死んでから名乗る戒名

今回私は

子供の立場から

「私の親はこんな人でした」

とその人生を映す出した

名前を付けていただくことができました

 

生まれ持った名前も

死んでからつけられた名前も

どちらも自分では決めてません

しかし

親が子を思う気持ち

子から親に対しての感謝の気持ち

これらが反映されることを

あらためて実感しました

 

私は今回

父に対して

いい名づけができたと感じました

 

二つ目の気づきは

曾祖父母の名前を

知ることができたことです

 

父が亡くなったことで

父が生まれてからの戸籍を

取り寄せることになりました

そこで初めて

曾祖父母の名前を知りました

 

今となっては

どんな人だったか

聞くことは難しいです

しかし

名前は残っています

 

人は必ず死にます

そして年月が流れ

その人を記憶する人が少なくなっても

名前はきちんと残る

それを改めて実感しました

 

私はことだま師ですので

曾祖父母がどんな人だったのか

 

曾祖父母の名前を紐解くことで

少しばかりですが

推測することができました

 

会ったことのない

曾祖父母に

少しだけど対面できたような

そんな感覚でいます

 

亡くなって月日が経てば

その人を記憶する人は少なくなります

しかし

墓石には名が刻まれるし

戸籍にも名は残ります

名前は残るものなのです

【名前】の持つ

役割やチカラを

再認識することができました

 

今回の父の死を通して

改めて私は

名前と関わり

名前からその人の使命や役割を紐解く

「名前のことだま」という活動をやっていて

本当によかったと感じました

 

 

現在キャンペーンを実施中!
先着30名!9月末までのお申込み限定です!
お名前からあなたの使命や役割を紐解きます
「名前のことだま®」鑑定セッション
※鑑定は対面かオンラインになります。
※遠方にお住いの方も、オンライン鑑定できます!

使命鑑定 お名前から、持って生まれた役割、使命、才能、特技などを紐解きます

相性鑑定 自分と相手の名前から、強みや課題を引き出し
どのようにすすめれば潤滑になるのかを紐解きます
※夫婦だけでなく、仕事の仲間やご家族でもOKです

運気鑑定 ことだまのチカラで、10年周期の運気の中で
あなたが今どの時期を迎えているのかを紐解きます
力を発揮するポイントやキーパーソンがわかります

使命鑑定 7,560円 (60分)

使命鑑定+相性鑑定
12,960円 → 10,000円 (90分)

使命鑑定+運気鑑定
12,960円 → 10,000円 (90分)

使命鑑定+相性鑑定+運気鑑定
18,360円 → 15,000円 (120分)

ペアセッション
使命鑑定(2名様)+相性鑑定(お二人の相性)
お二人で20,000円 (120分)
※パートナー、ご友人とご一緒のセッションとなります

 

お申し込みはこちらの「ことだま師 小松よしき」のページから

https://kototama-himehiko.com/namae/komatsu-yoshiki

※ページ内のご案内は定価表示となっております

備考欄に「ブログ見ました」とご記入いただければ

キャンペーン価格にて対応いたします

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

この記事を書いている人 - WRITER -
小松よしき
19年勤めた会社を辞め、《みんなが自分の個性に気づき、それを活かせる社会》を実現するため、これまでに100名以上の方に「名前のことだま®」使命鑑定をさせていただきました。《時代は競争から調和へ》「個性の違いを受け取らない競争の世界から個性の違いを受け入れ調和する世界」が深く浸透するよう活動をさせていただいてます。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.