名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

ヱビスの日 (黒須 伸二)

黒須伸二
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
黒須伸二
黒須 伸二 (くろすしんじ)。「運命に愛される生き方わかります!運まかせ、縁まかせ」という講演参加を期に、楽しい人生にシフトチェンジ!言葉遊びをきっかけに世界観が変わった自身の経験から、言葉の楽しみ方の追求&発信に挑戦中! 言葉で人を幸せにするお手伝いをします。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

毎月25日のブログを担当している

ことだま師の黒須 伸二です。

 

2月25日はヱビスの日なんだそうです。

1890年2月25日に「ヱビスビール」が発売されて

今年で130年になるそうです。すごいですね!

 

ヱビスビールには鯛が2本の描かれたラベルを

ラッキーヱビスというそうで、かなりレアなものらしいです。

 

 

昔、工場のあった恵比寿駅のホームに流れるメロディーは

もちろんヱビスビールのCMでお馴染みの軽快な音楽で

恵比寿駅を利用した時は、ほのぼのとします。

 

商売繁盛のご利益を与えてくれる恵比寿さまですが

イザナギ、イザナミから生まれた手足の立たない子供だったので

水に流され捨てられてしまった神話があります。

 

その捨てられてしまった子供は『ヒルコ』(蛭子)といいます。

流されて漂着したのが、西宮の海岸で漁師さんに大事に祭られ

漁師を守る恵比寿さまに変わっていきました。

 

そもそも、なんで立てない子供が生まれたのかというと

イザナミ(女性)のほうから声をかけたのが原因だったらしく

女性が率先してリーダーシップを取ると男性は立つことができないと

神話が伝えているのかもしれません。

 

また、立てもしない状態で水に流され捨てられるという

強烈な試練をくぐり抜け、たどり着いた先で大切にされたことで

お役に立てるようになっていくお話は、成長するための

プロセスを伝えているのかもしれませんね。

 

西宮の漁師さんにしてみたら海の向こうから

突然あらわれた得体の知らない漂着物(ヒルコ)は

他からきた珍しい【宝】として大切に祭ったのでしょうね。

 

恵比寿さまの『え』の音は名前のことだま®では

【え】 枝  (使命:発展させる人)

「枝」は枝分かれしながら広がり
花、実をつけることから発展、成長、繁殖をあらわします。
肯定する。同意、肯定の言葉が「ええ」
現在の『よい(良い)」は古来は「ええ」と
呼ばれていました。関西弁の「ええで」は今に残る
古来の日本語の「良い」の意味です。
肯定することで発展、成長が生まれます。

===表の働き(ゆとりがあるとき)===
★成長、発展させる
肯定的な言葉、態度を通して相手を成長、発展させます。
★肯定する、認める。
人は認められ肯定されることで大きく成長します。

===裏の働き(ゆとりがないとき)===
★分裂、停滞、成長を阻害
否定することで分裂したり、停滞したり
成長が止まったりします。
★否定、要求
否定のことば「えーっ」は動きを止め
成長を阻害します。

 

さすが商売繁盛の神様!!

最初の音に発展がキーワードになっているのがすごいです。

 

 

プライベートでの私は、女性にリーダーシップを

取ってもらいがちだな・・・

 

あっ!だからなんとなく理不尽な試練が多くやってくるワケね!(笑)

早く成長してお役に立てるように頑張っていきます!

応援よろしくお願いしま~す。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
黒須伸二
黒須 伸二 (くろすしんじ)。「運命に愛される生き方わかります!運まかせ、縁まかせ」という講演参加を期に、楽しい人生にシフトチェンジ!言葉遊びをきっかけに世界観が変わった自身の経験から、言葉の楽しみ方の追求&発信に挑戦中! 言葉で人を幸せにするお手伝いをします。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2020 All Rights Reserved.