名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

好きなことだま1音とその理由「ん」(丸田みどり)

2019/04/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
丸田みどり
大阪、神戸を中心に活動しています。名前のことだま®鑑定で名前に隠された本質と課題を解明。筆跡診断で性格と行動傾向を解明。40代
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは
大阪の「ことだま師Ⓡ、入門講師」
丸田みどりです。

ひらがなに優劣は無いように、
私にとってはどの音も大事な1音。
ですので、今日はいま自分が気になる音をテーマとしました。
それは
「ん」です。
「あ」から始まって最後の音「ん」
「ん」は50音に含まれませんが、
名前のことだまⓇでは「わ行」の中に含んでいます。
古事記や日本書紀には出てこない音でもあります。

みなさんは子供の頃、また子供さんと一緒に
“しりとり”をしたことがありますよね?
「りんご→ゴリラ→ラクダ→だいこん」
あれ?だいこん?「ん」で終わる言葉。
はい、しりとりはそこで終わりになってしまいますね。
ではどうする?
また一から始めましょう。

そう「ん」で終われば、そこで終わることもできるけれど
新たに始めることもできるのです。
言うならば「ん」の次は「あ」
今度はもっとうまくいくはず。
ほら、次のステップに上がるでしょう?

「ん」は終わりの音
そして次のステージが始まることを
教えてくれる音。
もうあと数日で完結を迎える朝ドラ「まんぷく」
主人公は「まぺい」その息子が「げ
二人とも「ん」が名前に入っていますね。
あと、「しいち」さん(この方もドラマの登場人物ですね)
失敗しても諦めない、どうしても創りたいものがあるから
次のステップを自らが目指す。
そうしてこの人たちと出会った人は
新しいこと(開発)に向かう時を迎える。


ドラマの設定上の名前ですが、よくできているなと
思ったものです。

「ん」は終わりの音
でも、大きなステージの始まりを示唆する音。
いかがでしょう?
「ん」の音、ちょっと意識してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
丸田みどり
大阪、神戸を中心に活動しています。名前のことだま®鑑定で名前に隠された本質と課題を解明。筆跡診断で性格と行動傾向を解明。40代
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.