名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

ことだま師®からの提言「無い」のか「ある」のか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
丸田みどり
大阪、神戸を中心に活動しています。名前のことだま®鑑定で名前に隠された本質と課題を解明。筆跡診断で性格と行動傾向を解明。40代
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは 大阪で活動する
名前のことだま®鑑定
ことだま師®/入門講師
丸田みどりです

先日こんなニュースを読みました。

コロナ禍の影響で美術館に作品が搬入されない。
展示するものが何もない、どうしよう?
この頃だからこそ、よく聞かれることです。
いっそ閉めてしまうのも一つの方法。
しかしここに、何もない空間を楽しんで
もらおうと企画した美術館があります。

世田谷美術館
作品の無い展示室
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/

文字通り、何もない展示室にどうぞという企画です。
しかしここには建物があります。
「公園美術館としての美術館」
そういったコンセプトをもって建てられた
美術館だからこそ「いまここにあるもの」を
開放していこうという企画。
素晴らしいと感じました。

この時代「無い」と考えればすべて無い。
(気持ちの中で無かったことにしてしまう)
でも「ある」に視点を変えれば、たくさんの
よいことがある。

私には取り柄なんてない
欠点を隠したい

あなたがそう思っていたとしても「名前」はあります。
1人ずつちゃんと「名前」がある。
名前は授かりもの、古来日本では誰かの口を通して
神様から授かったもの、それが名前と考えらていたという
説があります。

授かった名前に自分にとって「ある」ものを見出し
大切な人にもそれが「ある」と気づく。

名前の鑑定を通して私が伝えたいことは
吉凶ではなく、短所ではなく
あなたが持っている素晴らしい可能性や役割です。

あなたの中の輝く個性に光を当てていく。
私は鑑定を通してそんなことを考えています。

この記事を書いている人 - WRITER -
丸田みどり
大阪、神戸を中心に活動しています。名前のことだま®鑑定で名前に隠された本質と課題を解明。筆跡診断で性格と行動傾向を解明。40代
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2020 All Rights Reserved.