名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

非対面、非接触という言葉の強さ(丸田みどり)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
丸田みどり
大阪、神戸を中心に活動しています。名前のことだま®鑑定で名前に隠された本質と課題を解明。筆跡診断で性格と行動傾向を解明。ことだまと筆跡で人生の岐路に立つ人に、その悩みを自分で解決できるサポートをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは 大阪のことだま師® 丸田みどりです

大阪市内の某駅でこういう看板文字を見つけました。
「時代の流れは非対面、非接触」

なにかと思えば発券機の案内なのですね。
チケットは対面で買う時代ではなくなったと。
それが言いたいのでしょう。

確かに2021年のいまの時代を表しているな~と
感じた次第です。

ただ、発券機を使えない方はどうなるんでしょうね。
全部が全部そうではないとしても、不便に感じる人は
出てくるかもしれませんよね。

「非対面、非接触」
とても強い言葉です。
「非」=「あらず」全力で打ち消しに
きているような印象をうけました。
それもかなり大きな表示でしたのでね。

私たちも対面の鑑定や講座はやりにくい環境となりました。
ただ、オンラインというツールがありますので
かえっていままで会うことができなかった人とも
タイムラグなくお話しできるというメリットがあります。

物理的なことは別として、対面であり、心の接触はあります。

帰省できない、孫の顔が見せられない、友達に会えない。
そういったことの、せめてもの解消ツールがオンライン。
「対面」の新しい概念が構築された。
それがこの時代の象徴かもしれません。

いずれにせよ
「時代の流れは非対面、非接触」が
目に飛び込んできたとき、人はどんな印象を
受けるのだろう?
まったく気にしない?納得する?寂しい?
あなたはどう感じましたか?

「私はこう感じる」というご意見がありましたら
ぜひお聞かせくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
丸田みどり
大阪、神戸を中心に活動しています。名前のことだま®鑑定で名前に隠された本質と課題を解明。筆跡診断で性格と行動傾向を解明。ことだまと筆跡で人生の岐路に立つ人に、その悩みを自分で解決できるサポートをしています。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2021 All Rights Reserved.