名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

「わ」の働きで他者肯定する日本文化(大野寛嘉)

大野寛嘉
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大野寛嘉
演劇講師 大野寛嘉商店 店主(大野寛嘉の人前で話すのが好きになる講座) ドラマリーディングユニット マチソワ主宰 神道夢想流杖術三段 「名前のことだま®」を学ぶことによって日本という国のこと、土地のことなど、広い知識が得られる内容で、自分の関心もとても広がりました。一緒に学んでみませんか?
詳しいプロフィールはこちら

千葉県の入門講師、大野寛嘉です。
暑い夏が過ぎ、朝夕も過ごしやすくなりましたね。
今月のお題は、「私が好きな日本文化」です。

「わ」の働きで他者肯定する日本文化

和の精神は、大きく分けて3つあります。
「和」「輪」「環」です。
今回は、「和」にフォーカスにてお話したいと思います。
和には、共存と創造を意味します。
■共存:自己肯定し他社肯定すること。
■想像:和する、和える。

日本は、古来から海外の文化や技術を取り入れてきました。
単なる物真似ではなく、更に良いモノに昇華していくことが得意!
これは、とても凄いことだと思います。

今回は、衣食住の中で衣について書いていきます。

衣が、一番最初に来るのは
人間らしさの一番であることを意味します。

日本における、欧州形の靴を履いたのは坂本竜馬だと言われています。
ら行の名前が入っているのは、偶然とは思えません。
「ら行音」の名前を持っている人の使命は国際人。
海外との関係性を持ち、日本の文化を発信する使命。
坂本竜馬は使命を受け入れて、実行されたのだと思います。

日本の紳士靴は世界一です。
欧州から持ち込まれた靴文化に、日本独自のこだわりをご紹介します。

「矢筈がけ」です。

「矢筈がけ」は日本発祥の技術です。
靴の世界での矢筈がけとは、具体的にはソールの側面を斜めに削り落として、
ソールの厚みを薄く上品にみせる仕上げ方のこと。

特に履き心地に影響するものではありませんが、靴をエレガントに見せるために手間をかける。
これが日本の靴作りの美学なんでしょうね。

ここ最近日本の靴は、世界から注目され、
欧米や中国の富裕層の方も、買いに来られるほど品質が高いのです。

海外の文化や技術を、上手に取り入れて昇華させる日本の文化は素晴らしい!

来年は、2度目となる東京五輪。
私自身、「ら行」を持つことだま師として
日本の文化を発信し、
海外の良い文化や技術を
吸収していこうと思います。

 

【ひすいこたろう&山下弘司コラボ講演会】
新元号とあなたの名前を予祝する
〜一粒万倍!望む未来を手に入れるあの話〜

・東京 7月27日(土)GAホール
【満員御礼で終了しました!】

・名古屋 10月19日(土)刈谷市産業振興センター
詳細・お申込→ https://www.kokuchpro.com/event/yosyuku1019/

・大阪 11月10日(日) 高槻現代劇場文化ホール
詳細・お申込→ https://www.kokuchpro.com/event/osakayosyuku/

この記事を書いている人 - WRITER -
大野寛嘉
演劇講師 大野寛嘉商店 店主(大野寛嘉の人前で話すのが好きになる講座) ドラマリーディングユニット マチソワ主宰 神道夢想流杖術三段 「名前のことだま®」を学ぶことによって日本という国のこと、土地のことなど、広い知識が得られる内容で、自分の関心もとても広がりました。一緒に学んでみませんか?
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.