名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

令和を迎えての抱負(戸塚丈夫)

2019/06/02
戸塚丈夫
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
戸塚丈夫
三重県四日市在中の戸塚です。 氏名に隠されている使命を一緒に紐解いて見ませんか。 新たな自分発見ができるかも知れませんよ。
詳しいプロフィールはこちら

今は、西暦2019年であり、令和元年です。

年を表すのになぜ、日本は西暦と元号を使うのでしょう。

 

誰かが本に例えて、こんなことを言っていました。

西暦はページ数であり、元号は章であると。

 

2000ページに及ぶ本。

その中にはいろいろな歴史が刻まれていますが、それを明確に表すために元号と言う章を作って、

日本人は歴史を重んじて来たのかも知れません。

 

昭和の時代は、戦争からの復活の章であり、

平成の時代は、平和な時代でもありましたが多くの天災に見舞われた章でした。

 

令和の時代は、どんな章になっていくのか、どんな章にしていくのか。

 

「令和を迎えての抱負」が今月のテーマです。

令和の時代は、戦争から立ち上がり過酷な時代を経て、

それを糧とした新たな挑戦への時代の章にして生きたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ブログを毎日更新して3,000日以上

https://ameblo.jp/onepoint2011

よろしかったら覗いてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
戸塚丈夫
三重県四日市在中の戸塚です。 氏名に隠されている使命を一緒に紐解いて見ませんか。 新たな自分発見ができるかも知れませんよ。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.