名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

連想ゲーム 「 太陽、月、、、その次は?」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

連想ゲーム

「太陽、月、、、その次は?」

 

 

 

先日18日は満月でした。

1月の満月は海外ではウルフムーンと呼ばれています。

 

寒さの厳しい冬にお腹を空かせた

狼が遠吠えすることにちなんで

そのように呼ばれているようです。

 

 

月の見方が日本と外国

特に欧米では違うことが面白いです。

 

 

 

やまとことばで

太陽のことは「ひ」と呼びます。

 

月のことは「つき」と呼びます。

 

星のことは「ほし」と呼びます。

 

 

太陽や月の呼び方に意味が

あるのでしょうか?

 

「やまとことば」では意味が

あると見ているのです。

 

 

太陽をなぜ「ひ」と呼んだのでしょう。

 

「ひ」は今でも「お日様」と

呼ばれるように「太陽」の呼び方です。

 

 

なぜ天体に輝く太陽を「ひ」と

呼んだのでしょうか?

 

それは「ひ」は一番という意味が

あるからです。

 

 

いまでも数の数え方で

「ひとつ、ふたつ、みっつ」と

1番目の数字を「ひ」と呼びます。

 

 

古代の日本人にとっては

太陽が一番大事だったことを

意味しているのです。

 

 

 

それでは「月」(つき)は

どんな意味があるのでしょうか?

 

これは「次(つぎ)」という

意味があるのです。

 

 

太陽の次に大事なもの

それが「月(つき)」という

意味です。

 

 

連想ゲームで

太陽、月と言ったら

次は普通は何でしょうか?

 

 

普通に考えれば「星(ほし)」

ですね。

 

 

 

日本神話を見ていると

大事な三柱の神さまのことを

三貴子(みはしらのみこ)と呼びます。

 

アマテラス

ツキヨミ

スサノヲ

 

この三柱の神さまのことです。

 

 

この三柱はおのおの対応する

ものがあります。

 

 

アマテラスは太陽

ツキヨミは

そしてスサノヲは

 

これってよくよく考えたら

不思議な組み合わせです。

 

 

普通、太陽、月と続いたら

次に出てくるのは「星」だからです。

 

 

でも「星」ではなく「海」になる。

ここに日本人が何を大事にしてきたか

如実に現れています。 

 

 

日本人が大事にした物

それは太陽と月

つまり「日月(ひつき)」です。

 

 

星は入っていないのです。

 

 

現代は星占い、占星術を好きな

日本人はたくさんいますが

 

古代の日本人は「星」には

ほとんど興味を持たなかったことが

面白いです。

 

 

それが「やまとことば」の

星(ほし)の名前が教えています。

 

 

「ほ」は穂のことで

小さなものを表します。

 

稲の穂のことです。

 

「ほ」は

 

ほんの少し

ほんわか

ほんのり

 

小さい意味を表します。

 

 

ぽち袋の「ぽ」も同じ意味

ぽっちと押して下さいも

同じ意味。

 

 

星(ほし)とは「し」は

「印」のこと。

 

 

星とは「小さな印」そんな

意味なのです。

 

 

夜空に輝く星を日本人は

綺麗だと思ったけど

それだけだったのです。

 

日本人にとって

夜空で大事なのは「月」

でした。

 

そして天体で一番大事なのが

「太陽」だったのです。

 

 

星座の名前ってみんな

外来語なのは面白いと

思いませんか?

 

 

星座の名前、おおくま座

はくちょう座、カシオペア座

オリオン座などたくさんあります。

 

カシオペア座やオリオン座は

カタカナなのでいかにも外来ものと

分かります。

 

 

おおくま座、はくちょう座などは

日本語っぽいので昔からあると

思いますが、これは外来語を

日本語に訳しただけです。

 

 

たくさんの星座の名前に

やまとことばの星座がないのは

日本人が星座に名前をつけなかった。

 

星座に興味がなかった。

 

だから「ほし」とひとまとめで

呼んだのです。

 

 

太陽を大事にするのは

太陽に手を合わせるとか

初日の出とかご来光とか

今でも太陽に向けての信仰が

残っています。

 

 

そして月は「満月」「新月」

「三日月」「十六夜」など

たくさん呼び方があります。

 

一日参りなど現代も大事に

されています。

 

 

太陽は私たちに命を

与えてくれる大事な存在

月はなんだったのでしょうか?

 

 

それは時期を教えてくれる

大事なものだったのです。

 

 

スタートする時期を教え

出会う時期を教える

大事なカレンダーだったのです。

 

最大の出会いは恋人との出会い

月の運行を大事にすると

 

 

タイミングがあってくるのです。

(※そのお話はこちらのブログ↓

『恋人と出会う日~日本人の月の見方』

 

日と月を大事にする

古代の日本人の考え方

 

それを思い出すことで

星を大事にする文化を

自分の物に出来るでしょう。

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

名前のことだま® 公式LINEアカウント 登録はこちら↓

ほぼ毎日配信!興味ありそうなお友達にご紹介ください(^^♪

登録頂くと名前の「幸せポイント一覧表」プレゼント!

登録はこちらから↓↓↓↓クリック

https://lin.ee/hEhvI63

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 名前のことだま® , 2022 All Rights Reserved.