名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

「ありがとう」は「ことだま」ではありません。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

 

「ありがとう」は「ことだま」ではありません。

 

 

多くの人が誤解している

「ことだま」の考え方について書いてみます。

 

 

「ありがとう」が

最強の「ことだま(言霊)」という方が

いますが、これは誤解です。

 

 

「ありがとう」は単なる言葉です。

 

この言葉を呪文のように唱えても

ことだまにはなりません。

 

 

 

ことだまの本質について考えてみます。

 

「ことだま」は「ことば」+「たましい」と

いう二つの結びで作られています。

 

 

「ことば」に「たましい」を込めることで

「ことだま」になるのです。

 

 

このことを教えてくれる人が少ないのです。

 

「ありがとう」という「ことば」に

「たましい」が込めると

「ありがとう」はことだまになります。

 

 

「ありがとう」の「ことば」に

「たましい」が込めなければ

単なることばなのです。

 

これはすべてのことに通じます。

祝詞をあげれば運気が上がるという人が

いますが、祝詞も「ことば」です。

 

 

これを唱える人が「たましい」を込めなければ

単なる「ことば」なのです。

 

 

「ことだま」は魔法の呪文ではないのです。

雨乞い祝詞があります。

 

 

雨が降らない時に神官が雨乞い祝詞を

あげることで「雨が降る」

このような事例があります。

 

 

これは日々修行を積む神官が

雨乞い祝詞に「たましい」を込めることが

できるから効果がでてくるので

 

普通の人が雨乞い祝詞をあげても

単なる言葉でしかないので、効果は

ありません。

 

 

 

 

「ことだま」の重要なポイントは

ことばを語る人がどういう人であるか

なのです。

 

 

この大事なことを多くの人は

気づいていないのです。

 

「ことば」を「ことだま」にするために

自分自身の魂、器を磨くことが

もっと大事です。

 

 

ことばが持つ意味を十分に発揮できる

自分の器作りの方が大事です。

 

 

それは日々の生活の積み重ねの中で

作られていくことなので

インスタントにできるものでは

ありません。

 

 

じっくりと自分自身を育てることが

大事なのです。

 

 

 

私が名前のことだま®を始める頃

(2001年頃)は名前と言えば

「吉凶判断」でした。

 

 

今でも多くの人が思う名前についての

考え方が「吉凶判断」です。

 

 

良い名前なら良い人生

悪い名前なら悪い人生

悪い名前なら改名しよう。

 

 

まるで私の人生が名前で影響されている

ように思う人がいます。

 

 

名前が悪いから名前を変える人は

そのような思いを持っているからです。

 

 

名前が悪いからあなたの人生が

悪くなるのではありません。

 

 

あなたの心の思い、行動が

人生を悪くするのです。

 

 

その当たり前のことに気づいていない

人が多いのです。

 

 

 

名前は道具です。

または自分の進むべき道しるべです。

 

ことだまもまた同じです。

 

「ことば」と「ことだま」は

同じように見えて本質が違います。

 

 

「ことば」を使う人が

魂を込めて「ことだま」になるのです。

 

古代の日本人はそのことを良く知っていました。

 

だから、中国から漢字が入ってきたときに

言葉(ことば)に霊(たましい)を込めると

言葉がすごい力を持つと分かっていました。

 

 

 

そこで「言霊(ことだま)」という

名称を作ったのです。

 

 

霊は「たましい」、そして「力」のことです。

霊は「たま」とも呼びます。

 

 

「たま」は「力」のことです。

 

だから、「ありがとう」を「ことだま」にも

できますし、単なる「ことば」にもなるのです。

 

 

自分自身を磨いて「ありがとう」をことだまに

出来る人をたくさん作っていきたいのです。

 

 

ことばをことだまにするために

 

①ことばの意味と働きを知る

②ことばを丁寧に使う習慣をつける

③ことばをことだまにできるように

自分自身を磨く、修行する

 

 

このスリーステップを通して

「ことば」が「ことだま」になるのです。

 

 

多くの人がやっているのは

①と②なので、令和の時代は

③にするようにして欲しいと思います。

 

 

名前のことだまは①と②を教えています。

 

 

そして新たに構築した「ひふみの道」で

自分自身を磨く方法を公開しています。

興味がある人は学んでみて下さい。

 

(おわり)

 

 

 

 

◇これから和の知恵『ことだま』を学びたい方へ ~ことだま師育成講座

ことだま師として仲間と一緒に
「和の知恵」を伝えながら、人や社会に貢献する(使命)生き方をしませんか?

 

 

◎ことだま師とは・・・?
やまと言葉に秘められた「ことだま」の力を通して人が生まれ持つ「使命」をお伝えし、

その人の望む幸せを得るサポートしたり、課題へ挑戦するための背中を押す活動をします。

「和の知恵」を身に着け、人様の「お役立ち」になる生き方に興味がある方は下記の案内をご覧ください。

これからの時代にますます必要となるのが『ことだま師』という活動です。

共に学べる仲間を募集しています(^^♪

 

【こんな方におススメです】
・和の知恵を深め、伝えたい人
・人や社会に貢献したい人
・大切なものを次世代に伝えたい人
・ことだまに興味関心を惹かれる人
・セッション技術をより高めたい人

 

 

◇11/8スタート!和の知恵を伝えることだま師Ⓡになろう!
『50音の1音づつ使命解説&ことだま師育成講座(13期)』
↓↓↓

https://kototama-himehiko.com/namae/yama221027

 

 

 

 

名前のことだま® 公式LINEアカウント 登録はこちら↓

ほぼ毎日配信!興味ありそうなお友達にご紹介ください(^^♪

登録頂くと名前の「幸せポイント一覧表」プレゼント!

登録はこちらから↓↓↓↓クリック

https://lin.ee/hEhvI63

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 名前のことだま® , 2022 All Rights Reserved.