名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

名前に秘められた社会性を紐解く

2018/11/20
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

名前は親が子供の幸せを願ってつけるものです。
名前の由来は親に聞けばわかります。

私の場合は名付け親は祖父ですが、
祖父が信仰していた弘法大師にちなんで
「弘司(ひろし)」と付けられました。

もともとは一文字で「弘」だったのが
姓名判断の画数の意味も込めて「弘司」になりました。

小学生の頃に自分の名前の由来を聞いて
悪い名前ではないなあと思ったけど
ただそれだけでした。

名前の親の願いを聞いても名前は動きません。
親の願いが目の前を通り過ぎるだけなのです。

名前が動きだすにはどうしたらいいのか?
社会に働きかける名前であると
気づくことから名前が動き出します。

名前に込められた親の思いと社会性
社会性のことと名前のことだま®では「使命」と表現しています。

その社会性を漢字の意味や画数ではなく
音で紐解くのが画期的な方法といえます。

名前に込められた社会性は
付けた親もその意味に気づかないものです。。
その社会性(使命)を名前のことだま®で紐解くと
不思議と名前が動き出します。

「弘司(ひろし)」の「ひ」は「一」の意味
日本は「ひ、ふ、み」と数字を数えます。
「ひ」は「一番目の音」です。
長男、長女の役割を持つ名前に音が「ひ」です。
家兄に責任を持ってほしい社会性(使命)があるのです。

弘法大師の意味とは別に家系の責任者の使命
それを知ると自分自身の人生を振り返ったときに
確かにそのような流れの中で生まれてきたことに
気づくのです。

名前の音に秘められた使命
とても不思議でおもしろいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.