名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

氏名は使命3 名前に秘められた親の思い 欧米的価値観

2018/12/21
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

昨日、一昨日と名前に秘められた親の思いとして
儒教的価値観と日本的価値観を子どもの名前につけることを
書いてみました。

儒教、日本的価値観の他に欧米的な価値観を
子どもの名前につける場合もあります。

その代表例が「愛」です。

日本語として「愛する」という言葉はありますが、
日常会話で使うことはあまりありません。

彼女のことを愛しているという表現は
その言葉を言う人がいるとしても
しっくりこない表現になってしまいます。

最近、評判の「永遠のゼロ」の中に次の会話があります。

お祖父さんはお祖母さんを愛していたのでしょうか?

その当時(戦中)には「愛する」という言葉はなかった。
でもそんな気持ちだったと思う。

私も妻の事を愛するなどという表現はしません。
妻を大事にする。大切にするなどの言葉になってしまいます。

愛といえばキリスト教のイメージがあります。
欧米的な価値観と言えば「愛」になります。

それを子どもの名前につけたのが女性に人気のある
「愛」になります。

「愛」という名前は昭和58年(1983年)~平成元年(1990年)まで
8年連続、女の子の名前ランキングで1位でした。

儒教的価値観、日本的価値観
そして欧米的な価値観を名前につけてきたことが分かります。

「愛」という漢字を子どもの名前にたくさんつけると
今度は「亜衣」「藍」という漢字に変えますが、気持ち的は
「愛」と同じなのです。

もう一つ欧米的価値観で付けられる名前が
「真理」になります。

宇宙の真理、人生の真理などで使う真理のことです。

「真理」は漢字のバリエーションが豊富になります。

「麻里」「万里」「茉莉」「真梨」などです。

子どもの名前の付け方を見ていくと儒教的価値観、日本的価値観
欧米的価値観を子どもにつけることがわかります。

明日はそれ以外の命名法について書いてみます。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2018 All Rights Reserved.