名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

「神無月にちなんで②」~ 神社と継続の力

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

ことだま歳時記136

「神無月にちなんで②」

神社と継続の力

 

 

神社に行くと何がいいのか?

 

神社のことを「やまとことば」で

「宮(みや)または「社(やしろ)」

呼びます。

 

「や」についてです。

 

 

「や」は「八、矢」の意味を持っています。

数字の「八」の働きです。

 

 

数字に意味がありますが、

日本人は「八」を

どのように理解したのか?

 

 

古事記を読んでみると、いたるところに

「八」の数字がでてきます。

 

 

「大八洲」(日本の国のこと)

「八岐大蛇」(やまたのおろち)

「八人の姉妹」(くしなだひめは8番目の娘)

「八十神」(オオクニヌシの兄弟の数)

 

 

聖書と比較すると面白いのですが

聖書は「七」の数字が多くでてきます。

 

 

「七日間で天地創造」

「七人の天使」

「七つの大罪」

 

 

日本人が「八」を大事にして、

聖書圏の人が

「七」を大事にしてきたことがわかります。

 

 

それでは「八」はどんな意味でしょうか?

 

一般的には

「八方塞がり」「八方美人」のように

方向の広がりで使います。

 

 

また

「八百屋、嘘八百、八百万の神」など

数が多いの意味があります。

広がりと数多い、

それが「八」の持つ意味です。

 

 

名前のことだまでは

その意味と合わせて

「八」は継続する意味としてつたえています。

 

 

それは「七」の次が

「八」だからです。

「七」の「なな」が持つ意味は「成る」

目的が達成する意味として見ます。

 

 

聖書圏において「七」の意味を

重視してきたのは

目標を立てて、それを達成、実現することを

何よりも大事にしてきたからでしょう。

 

 

そう思うと、

確かに西洋系のセミナーに多いのが

目標を立ててそのそれに向かって進むことです。

 

 

目標達成、目標実現をメインに

おいているのがわかります。

 

 

日本の場合は

目標達成はもちろん、

それを続けること

大事にしてきたようです。

 

 

続けることを

大事にしてきた文化

それが日本文化のようです。

 

 

継続は力なり

老舗が多い

この道○○年

そんな言葉が

好きな人が多いと思います。

 

 

要は続けることが大事と言うことなのです。

 

 

どうして続けることが大事なのでしょうか?

それはやるべきことは

続ければ叶うからです。

 

 

多くの人がやりたいことができない

願いが叶わないのはやめるからなのです。

 

 

やめなければ叶うのに、

途中であきらめたり、

飽き足り、

他に目移りがしたりして

やめてしまうからです。

 

 

結果が見えないと、

モチベーションも

あがりませんし、

あれこれ手を出してしまうことも

よく分かります。

 

 

だからこそ、続けること

やめないことが大事なのでしょう。

 

 

そして日本人は続けるためにどうしたのか?

 

続ける力を持っているものと

縁を結んだのですね。

 

 

それが実は神社なのです。

 

それも千年、二千年と同じ場所に立つ

古社なのです。

 

 

分かりやすくのは各地にある「一宮」です。

全国にある一宮は

千年以上の歴史を持っています。

 

 

例えば私が住む金沢は

加賀一宮の白山ひめ神社

東京、埼玉なら

武蔵一宮の氷川神社

このように全国にある一宮に

いくことをお勧めます

神社には継続の力があるのです。

 

 

多くの方は神社に行くのは

パワースポットや願望実現で参拝することが

多いと思いますが、どうして神社に行くと

願いが叶うのか?

 

 

それは続ける力をいただくからです。

 

願望の大半は続けることで叶うのです。

みんなやめてしまうから願いが叶わないのです。

 

 

古く歴史のある神社にぜひ

ご挨拶に伺いましょう。

 

 

私の住む金沢の一宮

白山ひめ神社

創建2100年、開山1300年

由緒ある神社です。

 

 

縁結びなどの力がありますが、

千年以上その地にたたずむ白山ひめ神社に

定期的に伺うことで続ける力を得ることが

できます。

 

 

みなさんも自分の住む一宮に定期的に

伺うことで継続の力を得て

願望実現していけるよう

心から祈っていおります。

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

【未来を創造する!50音カードセッションイベント10/30・31開催】

☆あなたの内なる『ことだま』を言語化します☆

ことだま師®として活動する「50音カード」の匠12名によるオンラインイベントです。
今あなたの実現したい夢や、手にしたい未来をしっかり「見える化」して、最良の一歩を踏み出すお手伝いをさせて頂きます。

◇こんな人におススメ!◇
◎自分の現状(課題)をしっかり可視化したい
◎未来に向かうための行動指針を言葉として欲しい
◎オラクル(神託)としてヒントを聞きたい
◎過去・現在・未来の必要なプロセスを知りたい
◎とにかく名前のことだま®に興味がある

◇詳細&申込はこちら◇
https://peraichi.com/landing_pages/view/50cardsession

 

 

 

 

☆今週木曜10/14からスタート!

【新企画!数のことだまベーシック講座の案内】

「数」に興味のある方必見!

 

山下先生による「数のことだま」「ひふみの道」だけに
特化したオンライン講座を開催することになりました。
「ひふみの道」を全4回の講座にまとめ、
カバラや誕生数秘学など「数秘」に興味のある一般の方にも使える
「和のメソッド」として伝えていきます。

 

◇詳細はこちらをクリック↓
「0期 和のことだまベーシック講座〜ひふみの道」

 

 

 

名前のことだま® 公式LINEアカウント 登録はこちら↓

ほぼ毎日配信!興味ありそうなお友達にご紹介ください(^^♪

登録頂くと名前の「幸せポイント一覧表」プレゼント!

登録はこちらから↓↓↓↓クリック

https://lin.ee/hEhvI63

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2021 All Rights Reserved.