ジパング・コード®を学ぶ人、実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

「こどもの日(端午の節句)って何ですか?」

山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

5月5日は「こどもの日」です。

昭和23年(1948年)に祝日法で制定されました。

 

こどもの人格を重んじ、

こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

 

そのような願いがある「こどもの日」です。

 

 

子供の日なので男女の違いはありませんが、

一般的には男の子の節句としてお祝いされています。

 

女の子のお祭りは「ひな祭り」があるので、

こどもの日は「男の子を祝う」ことが主です。

 

 

一般的には鯉のぼりをあげたり、

武者人形を飾ったりと

男の子の成長を祝う行事です。

 

 

 

なぜ5月5日がこどもの日なのでしょうか?

 

5月5日は「端午の節句」とも呼ばれています。

 

旧暦5月は午の月と呼ばれています。

 

古代中国で5月5日は「毒日」と呼ばれていて

その日に邪気を祓う風習がありました。

 

 

ここで面白いのが、中国の場合は

邪気は香り、匂いで祓うと言うことです。

 

日本の場合は音で祓う風習なので、

文化によって邪気払いもやり方が

違うのだと勉強になります。

 

 

中国では5月の邪気を

菖蒲の香りで邪気払いをしました。

 

その風習が日本に渡ってきました。

 

 

日本では5月は田植えの季節です。

旧暦5月は今で言えば6月くらいですね。

 

当時の日本は旧暦5月は

「五月忌み(さつきいみ)」と

いう風習がありました。

 

 

田植えをする女の子が

身の穢れを落として田植えに臨むために、

 

女の子を一堂に集めて

身の穢れを落とす「五月忌み」が行われていました。

 

 

女の子を集める家を

「女の家」と呼びました。

 

 

日本では田植えは女性が植えた方が

成長が早いと考えられていたのです。

 

 

古代は命を生み出す女性に

畏敬の念を持っていました。

 

田んぼからも新しい命(稲)を生み出すには

女性の力が必要だったのです。

 

 

現在でも御田植え祭という形で

早乙女が苗を植える行事があります。

 

その「五月忌み」の風習に

中国の5月に菖蒲の香りで邪気を祓った

風習が組み合わさりました。

 

 

「五月忌み」に使われる「女の家」で

女の子が穢れを落とします。

 

その女の家の屋根を菖蒲で葺くことで、

邪気払いの力をさらに強めようとしたのです。

 

 

これは推測ですが、「女の家」に

集まった女の子たちが楽しく笑い合った

 

その笑いの音で邪気払い

をしたのではないかと思います。

 

 

笑いに菖蒲の香りのダブルで邪気払いが

さらに強くなったのでしょう。

 

 

その流れを見ていると

「端午の節句」は男の子と全く関係がなく、

むしろ女の子と関係があったことがわかります。

 

 

 

それがなぜ現在は男の子の節句として

祝うようになったのか?

 

 

 

そこには武士の存在がありました。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジパング・コード® , 2022 All Rights Reserved.