ジパング・コード®を学ぶ人、実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

カミさまの恵方巻き

2019/02/11
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

 

今日は節分についてです。
我が家でも豆まきをして、恵方巻きをいただいています。

昨年は「Hotto Motto」で予約注文して恵方巻きをいただきましたが
今年はうちのカミさんが恵方巻き作りにチャレンジして
手作りの恵方巻きを食しました。

始めて、チャレンジする恵方巻きなので
一週間前から練習して節分の日を迎えました。

最初は作り方の要領が上手くつかめずに
もう出来合いの恵方巻きを買ってくるとなどと
言っていましたが、以外と結構上手につくることができました。

奥さんが作る物はすべて神さまが作ったものになるのが
我が家のルールです。

だから奥さんが作った恵方巻きは

カミさまの恵方巻き

私はおいしく頂きましたが、第三者からは
微妙な味になるかもしれません。
プロが作ったようなものではないので
売り物になるような恵方巻きでもありません。
ただ世界中探してもどこにもない唯一の恵方巻きです。

「ヨイトマケの唄」(美輪明宏)で

どんな綺麗な声よりも
どんな綺麗な声よりも
僕をはげまし、慰めた
母ちゃんの歌こそ世界一

神様と言えば全知全能、完全無欠を
イメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが
日本人の神様は「上(カミ)」から
無条件に愛情を注ぐものです。

それは先祖であったり、家庭のお母さん、奥さんだったりします。
お母さん、奥さんを「カミさん」と呼ぶのはそういうことです。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジパング・コード® , 2019 All Rights Reserved.