ジパング・コード®を学ぶ人、実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

谷本なおみ(広島県)

2018/11/19
山下 弘司
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

広島市在住の女流書道家(号・鳥生春葉) 筆花会主宰。名前のことだま師®︎です。自然の恵み、美しく✨こころ和みよろこぶものを大切にしたいです💗

インタビュー

☆最初に受けた講座は何講座ですか?

・山下先生のひらめきからのお呼び掛け
・神話講座

☆最初に講義を受けたとき、どんなことを感じましたか?特に印象に残っていることはありますか?

・古事記・日本書紀から1300年、時代の流行の先端でもあるなと。
・いま時代は 神社仏閣に目を向けるタイミング。(古典芸能だけでなく、芸能人・人気歌手のライブ奉納などからも。)
・法要の時などのお坊さんの説教のように、神社で作法や神様の話などをしてくださる場面にあまり遭遇しなかったので、日本人なら知っておきたい内容でもあり、学んだら伝えたいと思った。(神様の名前だけでなく、参拝の仕方から、基本の作法から、古事記の流れもざっと教えてくれる内容)
・古事記の話は 男育ての内容になっている。神様にも失敗がある。
・神様にも使命や役割があるのだと。

☆山下先生の講座を受けて、変化はありましたか?

・地元の神社氏神様に毎月一日参りをするようになった。
・日本のことをもっと深く学びたくなった。
・世界の中でも 誇れる神話と伝統をみんなに知ってほしいと思った。
・神社の御祭神を知ってから参拝するようになった。
・神社や仏閣で平和を祈願する書の奉納揮毫(きごう)や看板書きや御朱印書きをさせていただけるご縁が繋がった。(広島護国神社・天河弁財天社・尾道浄土寺・宮島大聖院・弘住神社・広島平和記念公園)
・全国の一の宮に参拝したくなった。
・神社検定を受けてみた、まだ3級ですが。

☆これから「ジパング・コード®」をどのように広げていきたいと思いますか?

・神話講座は定期的に希望者があれば行っているが、受講者以外にも参拝ツアーを企画したら喜ばれたので(広島市内や宮島内の神社仏閣)また企画してみたい。
・新暦・旧暦と歳時記、和菓子などで季節感を感じながらのことだま教室など。
・ひめレッスンは宣伝ができておらず、まだことだま師®の方にしか伝えていない。
 ひめカードができたら 展開しやすそう。

☆山下先生の講座は、特にどんな人にお薦めしたいですか?

女性経営者
婚活している人
産婦人科関係の方
外国とご縁のある仕事をしている人

 

講座依頼はこちら

【講座メニュー】神話講座

【詳細&申込み】現在申込み可能な日程はこちらへ。

※伝える人になること(講師養成)に興味がある方はこちらへ。

この記事を書いている人 - WRITER -
山下 弘司
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。2016年「神話、ひめ、歳時記など」で日本の知恵を伝えるために名前のことだま®とは別にジパング・コード®を開設。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジパング・コード® , 2018 All Rights Reserved.