名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

2月17日の祈年祭「としごいのまつり」(稲葉優子)

稲葉 優子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
稲葉 優子
旅行業界に勤めていた経験から、神社仏閣をはじめ日本各地の文化に大変興味を持っていました。「名前のことだま®」を通じて、過去から未来へと日本の先人が守り伝えてくださった日本の感性という宝物を、次の世代へ伝えるパイプ役になりたい「結」のことだま師®。
詳しいプロフィールはこちら

神奈川県相模原市のことだま師。稲葉優子です。

多くの神社で2月17日に行われる、『祈年祭』というご神事をご存じですか?

祈年祭(きねんさい)は春の耕作始めにあたり五穀豊穣を祈るお祭りで
「としごいのまつり」とも呼ばれます。

その年の収穫に感謝する11月の新嘗祭(にいなめさい)と対になるお祭りです。

「とし」とは稲の美称であり
(びしょう=ほめる意味の言葉)

「こい」とは祈りや願いで、

お米を始めとする五穀の豊かな実りを祈ることを意味します。

本来は民衆が行う田の神への予祝祭であったものが、
中国の大祀祈殻の要素を取り入れて国家祭祀として成立しました。

農耕が生活のすべてであった時代、
豊作を祈ることは国家の安泰、国民の繁栄を祈ることに他なりませんでした。

そのため祈年祭は国家規模で各神社で執り行われ
特に伊勢神宮には天皇が勅使を差遣されて、古式にて行われています。

 

かつては旧暦の2月4日に行われていましたが、
1873年(明治6年)の改暦後は2月17日に行われるようになったそうです。
(北国では3月・4月の春祭りと併せて行う神社もあります。)

さて。

五穀豊穣の“五穀”とは何でしょう??

 

『五穀』は日本では

「いつつたなつもの」または
「いつくさのたなつもの」とも読むそうです。

古代から五穀の種類は一定してはいないそうで、
現代では米・麦・粟・豆・黍(きび)または稗(ひえ)を指すことが多く、
いずれも代表的な人間の主食です。

「たなつもの」は、
『棚に盛った食物』や
『田根(種)つ物』の意味があり

これらのものは人間の手だけではなく、
太陽をはじめとした自然界の恵みがないと出来ないものです。

今年2020年は、『日本書紀』編纂1300年の節目の年です。
その『日本書紀』に、
天照大御神が斎庭(ゆにわ)の稲穂を天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けられたことが記されています。

春に豊作を祈り、秋の収穫に感謝する稲作を中心とした営みを、
日本人は2000年以上の昔から繰り返して来ました。

天皇陛下から国民に至るまで、神を祀り五穀豊穣を祈り感謝することは
日本の大切な文化です。

ちなみに私は祈年祭が行われる2月17日が誕生日です。

この日に生まれたご縁に

“祈り”と“感謝”の大切さを、もっと意識してみようと感じました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
稲葉 優子
旅行業界に勤めていた経験から、神社仏閣をはじめ日本各地の文化に大変興味を持っていました。「名前のことだま®」を通じて、過去から未来へと日本の先人が守り伝えてくださった日本の感性という宝物を、次の世代へ伝えるパイプ役になりたい「結」のことだま師®。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2020 All Rights Reserved.