名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

喜ばれる存在とは頼まれごとをされる存在(やまだいちこ)

2019/07/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
やまだ いちこ
名前のことだま®の本「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」をきっかけとして人生が変わりました!名前を呼ばれることもイヤ、自分で名乗ることも恥ずかしい、それぐらい名前が嫌いでした。それが名前の意味を知り、使命があることを知って自己肯定感が高まり、人生が変化していくのを実感してきました。この喜びを多くの方に伝えていきたい、そんな思いで活動させていただいています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

今回のテーマは

「私の好きなマイ名言」についてです。

 

今まで人生の節目節目で

助けられてきた名言がある中で

小林正観さんご著書の

「無敵の生き方 みんなが味方になる」の中に

『喜ばれる存在とは、

頼まれごとをされる存在』

いう言葉があります。

 

小林正観さんは夢も希望もない生活を

送られていらっしゃいましたが、

無気力なのかというとそうではなく、

365日、頼まれごとをこなし、

この頼まれごとをが人生のすべてで、

頼んでくださってありがとうと

言いながら生きてこられたそうです。

 

「ヒトは一人で生きていればヒトであり、

ヒトの間で生きてはじめて「人間」です。

私たちは喜ばれる存在として生きて

はじめて人間になります。

とあります。

 

 

普段、ことだまの鑑定で

名前の音から「使命」を

お伝えしていますが、

使命に生きるとは、

社会の中でいかに喜ばれる存在として生きるか、

頼まれごとをされる存在となって生きるかと

いうことにつながっていくと思うのです。

 

また本文中に

頼まれごとをされる人間になるには、

まず不平、不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を

言わないこと。

そして頼まれたことを淡々とこなす。

そうして私たちは喜ばれる存在になれるのだそうです。

 

まずは一人のヒトから

ヒトの間で生きて

頼まれる存在になること!

そこを意識し、実践していきたいと思っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
やまだ いちこ
名前のことだま®の本「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」をきっかけとして人生が変わりました!名前を呼ばれることもイヤ、自分で名乗ることも恥ずかしい、それぐらい名前が嫌いでした。それが名前の意味を知り、使命があることを知って自己肯定感が高まり、人生が変化していくのを実感してきました。この喜びを多くの方に伝えていきたい、そんな思いで活動させていただいています。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.