名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

守られる女性を「ひめ」とは呼ばない!?~「ひめとサムライ」プロジェクト開始!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

 

「ひめとサムライ」

守られる女性を「ひめ」とは呼ばない!?

 

 

 

ロマンローランは

次の言葉を語っています。

 

男性は作品を創る。

しかし女性は男性を創る

 

 

芸術家や実業家は男性が多いです。

 

それで男の方が優秀などと思うなら

それは大きな勘違いである

ということをこの言葉が教えています。

 

 

芸術や実業を起こす男性を

誰が作るか?

 

 

それが女性です。

 

女性がいなければ

芸術家も実業家もいなくなる

 

 

そうも思えるのです。

 

 

立派な芸術家がいれば

背景に立派な女性がいます

 

 

 

古来日本では

立派な男に育てる女性のことを「ひめ」

呼びました。

 

「ひめ」と聞けば、多くの人は

白雪姫やシンデレラ姫を連想して

王子様に守ってもらうイメージ

だと思います。

 

これは「ひめ」への誤解です。

 

 

守ってもらう女性は「ひめ」ではなく

「おとめ」と呼んでいたからです。

 

 

 

 

私は5年ほど前から

「ひめプロジェクト」を立ち上げて

 

日本女性に「キラキラ女子」ではなく

「立派な男を育てるひめ」になって欲しい

 

とセミナーなどを行ってきています。

 

 

(先日3/25静岡県磐田市「ことのは庵」でのセミナー)

 

 

 

 

「ひめプロジェクト」の目的は

 

多くの女性が「ひめ」になり

女性自身の魅力を開花して欲しいこと

 

そして、そのひめが

立派な男性の育成をして欲しいこと

 

と伝えています。

 

 

 

古来神話では

 

大人の女性は「ひめ」

大人の男性は「ひこ」

 

と呼ばれています。

 

 

 

「ひこ」は現在でも

和彦、義彦、雅彦などと

男性名で使われています。

 

 

今風に言えば「ひこ」は

「サムライ」と表現してもいいでしょう。

 

「ひめ」と「サムライ」はセットです。

 

 

 

多くの女性に「ひめ」になって欲しいし

多くの男性に「サムライ」になって欲しい

 

その願いが「ひめプロジェクト」には

あります。

 

 

 

「サムライ」が歴史の表舞台に

出てきたのは鎌倉時代です。

 

平安時代に「サムライ」の元型が

始まりました。

 

 

武家政権が始まった

鎌倉時代から男性が「サムライ」として

動いてきたのです。

 

 

「サムライ」の語源は「さぶらう」

 

大事なものを守る意味です。

 

 

「さあ、まもろう」

 

命がけで守ろうの意味が

「サムライ」です。

 

 

 

私たち日本人は男性に

大事なものを命がけで守ること

期待したのです。

 

 

それは次のようなものでした。

 

①住んでいる土地

②自分の主人

③自分の伴侶、子供

④自分の信念

 

これらを命がけで守る男性が

「サムライ」

 

 

その「サムライ」を作るのが

「ひめ」なのです。

 

 

 

今年の大河ドラマは

「鎌倉殿の13人」

 

奇しくも鎌倉時代に脚光が

当たっています。

 

 

鎌倉と言えば源頼朝から始まる

武家政権の始まり

 

サムライの始まりと言えます。

 

 

 

混迷した時代に光を当てて

変革するのは「サムライ」の役割

 

 

そして、その「サムライ」を育てる

「ひめ」の重要性

 

 

それを「ひめとサムライプロジェクト」

伝えていきます。

 

 

 

先日3月26日土曜日、鎌倉で

「ひめとサムライプロジェクト」の

セミナーを開催しました

 

「ひめ」とは何か

「サムライ」とは何か

 

皆さんと一緒に学ばせて頂きました。

(ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました)

 

 

当日はセミナーを終えてから

鶴岡八幡宮に参拝に行きました。

 

 

源頼朝が篤く信仰した

鶴岡八幡宮のご祭神は

 

①応神天皇

②比売神(ひめかみ)

③神功皇后

 

応神天皇は軍神と呼ばれ

残りはひめ神と皇后です。

 

 

ひめ神の守りがあることが

ご祭神からも分かります。

 

 

これからも「いざ鎌倉!」の精神で

 

全国各地(オンラインでも)

皆さんとお目にかかるのを

楽しみにしております。

 

(3/26「ひめとサムライ」セミナー&鶴岡八幡宮参拝in鎌倉)

 

 

 

 

ご参加ありがとうございました(^^♪

 

(おわり)

 

 

 

 

【山下先生今後の講座予定】

 

①仕事も家庭も上手くいく!
3/31スタート!『第8期ことだま50音実践ガイド』
オンライン10日間コース

https://peraichi.com/landing_pages/view/50guide8ki

 

 

②女性の強みを開花!
3/29スタート!『第4期ひめ神カード講座ベーシック』
〜自分らしく毎日を生きるために〜

https://peraichi.com/landing_pages/view/himebasic1

 

 

 

名前のことだま® 公式LINEアカウント 登録はこちら↓

ほぼ毎日配信!興味ありそうなお友達にご紹介ください(^^♪

登録頂くと名前の「幸せポイント一覧表」プレゼント!

登録はこちらから↓↓↓↓クリック

https://lin.ee/hEhvI63

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Comment

  1. 小山佳江 より:

    楽しく学びいっぱいの素晴らしい講座をありがとうございました!
    こちらでもどうぞ宜しくお願い致しますますね

    • 山下 弘司 より:

      佳江さん、先日はご参加ありがとうございました。プロコーチとして人を育てるお仕事をされている佳江さんなので、「ひめ」の考えを深く受け取って頂いたと思います。今後も共によろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 名前のことだま® , 2022 All Rights Reserved.