名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

シンガーソングライターと関係の深いことだまは…(安達充)

2019/03/02
安達 充
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
安達 充
安達充(あだちみつる)。一人のために曲を贈るシンガーソングライター。 2010年から山下弘司氏に師事し、『名前のことだま®』を音楽を通して普及中。 2016年、日本語50音の1音1音に隠された意味を元に1曲ずつ作詞作曲した 『お名前50音ソングレター®』をリリース。(CDブックとして好評販売中) 名前をテーマとした『世界で一番素敵な言葉』は全国の小中学校で合唱されている。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、先月のリレーブログ「わたしの鑑定エピソード」はいかがだったでしょうか?

各ことだま師®ごとに色々なエピソードがあるものだなぁとうなずきながら読んでいました。

あとやっぱり「1度の名前のことだま®鑑定で人生がガラリと変わった」というケースもたくさんあるなぁと、改めてことだまの不思議な力を感じます!

 

そんなわけで大好評のこの企画ですが、今月のお題は「好きなことだま1音とその理由」です。

名前のことだま®を学んだ人同士だと、「俺、“う”のことだま好きなんだよねー」とか「私は、“ま”よりも“み”の音の方が好きかな」とか「あー、“ゆ”のことだまも捨てがたい!」みたいなマニアックな会話が繰り広げられたりします(笑)

そんな各ことだま師®のコダワリの一端をご紹介してみようという企画でございます(^^ゞ

 

好きなことだま1音とその理由

僕の仕事は音楽家です。

(正確には、たった一人のために曲を贈るシンガーソングライターという仕事をしています)

なので、僕が好きな1音は、この“音楽”に関係の深いことだまです。

 

さて、、、それって一体なんだと思います?

「おと」だから「お」の音?

それとも「と」の音?

 

正解は、、、

 

「 す 」

 

です!!!

 

・・・ハイ、その「は?」というサムーイ空気、ちゃんとわかってますよ(笑)

でもですねぇ、この「す」の音の深ーい意味を知ると、音楽家は好きにならずにはいられないんです。

というのも、「す」のことだまは「日本人が考えた、音楽家の使命」を教えてくれることだまだからです。

 

昔の日本人は、身体を清めるはたらきを「水」に見出しました。

神社などに行くとまず手水舎(てみずや・ちょうずや)というところがあって、身を清めてから神様の前に行きますよね?

また、何か悪いことがあった際にも「水に流す」という表現があるように、浄化して清めるはたらきが水だったわけです。

 

でも、身体を清めることも大事ですがもっと大事なのは「心を清めること」。

それは何にそのはたらきを見たのかというと、それが「音」だったんです。

神社に鈴があったり、玉砂利があったり、拍手をしたり…と音が鳴る仕掛けがたくさんあるのは実はそのためなんですね。

※つまり、神社とは行くだけで身も心を清めることが出来るスバラシイ場所なわけです→こういう話はジパング・コード®に詳しいです。

 

では、心を清めるというのは具体的にどういう状態を指すのかというと、、、それが

「素(す)になる」

ということ。

(よかった。やっと「す」が出てきた。長かった(笑))

つまり、「音」のはたらきとは「心を清めて、素(す)にするはたらき」のことなんです。

 

ということはですよ。

日本人が考えた音楽家の使命は、「音を楽しませる」ことだけではないんです!!

なんと、「聴く人の心を清めて、素(す)に戻す」ことが音楽家の本質だったんです。

 

いや~、これにはシビレましたよ。

つまり、音楽家は“エンターテイナー”でありながら、時に“ヒーラー”でもあり、時に“カウンセラー”でもあるということ。

「そ、、、そんな素晴らしい仕事をしていたとは!!(T_T)」

と感動の涙を流したことは言うまでもありません。

※ちなみに、そんな“素晴らしい”も「す」の音で始まっているのは偶然ではありません。

 

そこで僕は思いました。

「それなら、この素晴らしい『名前のことだま®』の世界を、心を清めて素に戻す『音楽の力』で表現したい!」

そうして作っちゃいました。

日本語50音の1音1音のすべての曲を。

 

えぇ、マニアックなことだま師®の中でも、さらにマニアックだというのは重々承知です(笑)

でも、50音の曲(正確には全46曲)を作り上げるプロセスは、僕自身の心が清められていくプロセスそのものでした。

完成した曲を通して聴いたら計ったかのようにピッタリ60分!(驚)

こんなの狙って出来ることではないので、やはり“素”のエネルギーのなせる業だと思います。

 

ちなみに、その46曲から、その人の名前の音に応じてセミオーダーでプレゼントできるようにしたCDブックのギフトがお名前50音ソングレターです。

そして現在、Youtubeチャンネルではその46曲を少しずつワンポイント解説つきでご紹介しています。

記念すべき第1回は、トーゼンながら僕の大好きな「す」の歌です(笑)

 

名前のことだま®は、単に音の解説だけでなく、そこから広がっていく「日本人の知恵」の部分が本当に深くて面白いですね。

それを2日間で学べるのが「50音基本講座」ですが、まだ講師が全国に10名いない状態で、関東では現在、山下先生と安達だけが講座を開講しています。

直近では【3月17日(日)・24日(日)】で開催予定がありますので、ご興味がある方は是非お越しください!

「名前のことだま®」50音基本講座
【日時】3月17日(日)・24日(日) 午前10時~午後6時
【場所】大宮駅からニューシャトルで1駅の「鉄道博物館」徒歩5分のセミナールーム(お申込み後にお知らせします)
【受講資格】どなたでも受講できます。※入門講座を受けていなくても受講できます。
【講師】安達充(50音講師)
【料金】65,320円(テキスト代、修了書込み)
【申込】「講座案内」のページか以下のサイトからお申込みいただけます。
(以下のサイトならクレジット決済も可能です)
https://www.reservestock.jp/events/324757

明日は、京都の前田大介さんです!

この記事を書いている人 - WRITER -
安達 充
安達充(あだちみつる)。一人のために曲を贈るシンガーソングライター。 2010年から山下弘司氏に師事し、『名前のことだま®』を音楽を通して普及中。 2016年、日本語50音の1音1音に隠された意味を元に1曲ずつ作詞作曲した 『お名前50音ソングレター®』をリリース。(CDブックとして好評販売中) 名前をテーマとした『世界で一番素敵な言葉』は全国の小中学校で合唱されている。
詳しいプロフィールはこちら
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2019 All Rights Reserved.