名前のことだま®を学ぶ人・実践する人を育成し、世界に向けて「和の精神」を広げる

50音一覧表無料プレゼント!~ご自身の使命を知りたい方へ~

終わりは上がる~「ヤマトゲート」が開いたあとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)

終わりは上がる~「ヤマトゲート」が開いたあとは?

 

「ヤマトゲート」は古代日本人が大事に
していた期間のことです。

年に二回ありました。

 

 

 

現代で言えば春分と秋分の日にあたります。

この記憶を現代に「お彼岸」という
ことで伝えてきました。

 

春分と秋分の日を中心に前後3日間
計7日間がヤマトゲートです。

この期間は見えない世界と
交流しやすくなる特別な期間でした。

 

現代風に表現すればお彼岸の7日間です。
その最終日が9/26でした。

 

お彼岸の最終日を「彼岸明け」という
おもしろい表現の中に深い意味が
隠されています。

 

日本語のおもしろいところは
終わることを「あがる」「あける」
表現することです。

 

すごろくはゴールに入ることを「あがり」
仕事がおわることを「あがる」
雨がやむことを「雨あがる」
夜が終わることを「夜明け」
彼岸が終わることを「彼岸明け」

 

日本語はなぜ、終わることを
「あがったりあけたり」するのでしょうか?

終わることを「あがる」と表現することに
日本の智恵があります。

 

「あ」とは「新しい」意味を持ち
新しく始めることだまの働きがあります。

 

私たちは何かを始める時、
思い出すときに出る音があります。

それが
「あ!」

 

「あ!」の音で始まるのです。
それを言葉として残してきました。

 

 

50音が「あ」で始めるのは
その名残なのです。

50音表自体は平安時代に作られたと
言われています。

 

 

サンスクリット語を学ぶための
ツールとして50音図ができたと
言われています。

もちろん、そうした理由があると
思うのですが、古代の日本人の記憶を
50音図に組み込んだと思うのです。

 

日本語の「終わるとあがる」のは
「終わると始まる」ことを教えています。

始まるには終わらないといけない。
終わるとは新しい始まりの準備といえます。

 

お彼岸7日間で何をするのでしょうか?

 

お彼岸7日間で終わった後に何かが始まる。

 

始める前に力を充電する
その期間があの世、見えない世界と
交流する大事な期間がお彼岸だったのです。

 

 

このことに気づいたので
これからは春と秋にあるお彼岸の7日間は
特に見えない世界に意識しながら
過ごしていきたいと思います。

 

そうすることでお彼岸明けから
ある期間までは非常に力が積み重なる。
この期間がたぶん冬至までです。

 

お彼岸から冬至までは特に新しい年に
向けての準備になると思うのです。

秋のお彼岸の季節は実りの秋、
そして翌年の実りを最大限に
していきましょう。

 

(おわり)

 

 

 

【新企画!数のことだまベーシック講座の案内】

「数」に興味のある方必見!

 

山下先生による「数のことだま」「ひふみの道」だけに
特化したオンライン講座を開催することになりました。
「ひふみの道」を全4回の講座にまとめ、
カバラや誕生数秘学など「数秘」に興味のある一般の方にも使える
「和のメソッド」として伝えていきます。
◇詳細はこちらをクリック↓
「0期 和のことだまベーシック講座〜ひふみの道」

 

 

 

 

 

 

9月30日まで早割価格
◇人生も家庭も上手くいく!◇
50音実践ガイド10日間オンラインセミナー
ことだま50音の基本的な考え方を10日間で網羅する決定版!
「名前のことだま」に興味ある方はまずはこの講座を受講してみて下さい。
↓↓クリック
詳細はこちら

(※9月30日までの申込で早割価格有り)

 

 

 

名前のことだま® 公式LINEアカウント 登録はこちら↓

ほぼ毎日配信!興味ありそうなお友達にご紹介ください(^^♪

登録頂くと名前の「幸せポイント一覧表」プレゼント!

登録はこちらから↓↓↓↓クリック

https://lin.ee/hEhvI63

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡県生まれ。現在金沢市在住。2001年、日本の叡智「言霊」を基本として、人をしあわせにする「名前のことだま®(命名言霊学)」を独自に開発。2003年、命名言霊学協会を創設。代表を務める。現在、各講座を通して「名前のことだま®」を普及活動している。著書『人生が100倍楽しくなる 名前セラピー (マイナビ文庫) 』(毎日コミュニケーションズ 2009年7月発売、2014年2月文庫版発売)
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 名前のことだま® , 2021 All Rights Reserved.